NGT48メンバーの事件を招いた運営側が根本的に見直すべき問題点

NGT48メンバーの事件を招いた運営側が根本的に見直すべき問題点
 昨年12月、男2人に自宅に押しかけられたNGT48の山口真帆。事件発覚後の運営側の対応を疑問視し、批判する声が続々と上がっている。

 事件後、体調不良を理由に公演を休んでいた山口だが、1月8日夜のネット生配信、9日早朝のTwitterで告白した。昨年12月に自宅の玄関で男2人に口をふさがれ、その後2人が逮捕されたものの不起訴処分となっていたという。9日昼にNHKが警察への取材をもとに報道し、事態が明るみに出た。

 10日、NGT48劇場での公演に出演した山口は「このたびはお騒がせして誠に申しわけありません」とファンを前に深々と謝罪。被害者である山口が謝罪するという不可解な事態に、NGT48の元キャプテンである北原里英は、「あなたは謝るべきではありません!謝らないで」とSNSに書き込んだ。

 10日の公演後、NGTの運営サイドは公式サイト上で声明を発表。当初、事件へのメンバーの関与を否定していたが、「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」と一転、メンバーの関与を認めたのだった。

 今後の再犯防止策については、「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底する」と再犯防止に務めるとしたが…。

 「ほかのメンバーに“売られた”ような形になったが、防犯ベルを持っていようが何の役にも立たない。地方のグループのメンバーたちは、バスで劇場まで送迎するが、楽に送迎できるように同じマンションに複数のメンバーが居住している。東京ならまだしも、新潟ならばファンが“追跡”すればすぐに分かってしまうことから、今回の事件は起こった。まず、メンバーの居住環境から見直さないと再犯防止にならないだろう」(テレビ局関係者)

 今回の事件をきっかけに、体制を根本から見直した方が良さそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年1月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュース

次に読みたい関連記事「AKB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュース

次に読みたい関連記事「SKE48」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。