ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜(2月3日)東京新聞杯(GIII)他1鞍

【今週の予想】

☆京都11R きさらぎ賞(GIII)(芝1800m)

 今年は第1回京都開催から時計がかかっており、上がりも要している。先週日曜日の京都にしても、芝のレースが5鞍組まれていたが、33秒台の上がりを使ったのはシルクロードSの2,3着馬の2頭のみと、切れよりもパワーがいる馬場になっている。ならば、切れよりもパワーのある馬を本命に推したい。本命にはエングレーバーを推す。デビューから2連勝を飾っている本馬、2戦ともにメンバー中1位、2位の上がりを使っているが、34秒9、34秒8とそれぞれ上がりのかかる馬場でのもの。馬体を見ても筋肉量が豊富で、如何にもパワーがありそうな体つき。学習能力が高く、レースセンスがあり、一度使われて状態はさらに上がっており、ここでも十分勝負になる。

◎(2)エングレーバー
○(7)アガラス
▲(4)ダノンチェイサー
△(3)ヴァンドギャルド

買い目
【馬単】6点
(2)⇔(3)(4)(7)
【3連複2頭軸流し】2点
(2)(7)−(3)(4)
【3連単2頭軸マルチ】12点
(2)(7)⇔(3)(4)

☆東京11R 東京新聞杯(GIII)(芝1600m)

 3連勝で重賞制覇だ!インディチャンプ。1000万下→1600万下と連勝して挑むインディチャンプだが、前走の元町Sは圧巻の走り。直線入り口では後方2,3番手の位置取りであったが、そこから軽く促しただけで加速していき、残り250mあたりから軽く追っただけであっという間に先頭に立つと、後は流して2着に0秒5差を付ける圧勝劇。上がりは33秒2と最速で、それも軽く追って最後は流してのものだから恐れ入る。昨年の毎日杯では、後の有馬記念を勝つブラストワンピースに0秒3差の3着。後に中日新聞杯を勝つ2着のギベオンとはタイム差なしの接戦を演じた。それも直線進路がなく、追えたのは残り200mあたりからで、その着差だから本馬の力も相当なもの。まだキャリア7戦ということもあるが、ステイゴールド産駒ということもあり、かなりの伸びしろが見込め、好メンバーが揃った今回だが、それでも見劣らないだけの力を持っており、ここで重賞初制覇となってもおかしくない。相手本線はロジクライ。前走のマイルCSは14着と着順だけ見れば大敗しているが、勝ち馬とは0秒6差とそれほどなく、悲観する内容ではない。今回は富士S勝ちを含む2戦2勝とベストの舞台で、巻き返す可能性は十分。まとめて負かすならサトノアレス。以下、ジャンダルム、レッドオルガ、レイエンダまで。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2019年2月2日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら