山本圭壱「人数が多いとごまかせる」 吉本坂46、個人ジャケットの最下位争いは…

山本圭壱「人数が多いとごまかせる」 吉本坂46、個人ジャケットの最下位争いは…
 2日、秋元康氏プロデュースのアイドルグループ吉本坂46」のデビューシングル「泣かせてくれよ」発売記念スペシャルイベントが東京ビッグサイト(江東区)で開催され、メンバーらによるミニライブと握手会が行われた。

 吉本坂46は2018年2月、吉本興業グループ所属タレント限定で募集開始。同年8月、1747人の中から46人が選抜された。メンバーはお笑い芸人にとどまらず、元NMB48の高野祐衣、三秋里歩や、元新選組リアンの榊原徹士も参加するなど、多彩な顔触れとなっている。

 同日、延べ3000人(主催者発表)もの人々が来場。ミニライブでは「泣かせてくれよ」を歌う16人の選抜メンバー、「RED」「ビター&スイート」「POP MONSTER」の4ユニットに分かれ曲を披露した。

 ビター&スイートのメンバー、極楽とんぼ山本圭壱は、ライブ後のMCで「人数が多いとごまかせる!」とコメント。デビューイベントでは、「2000人の前で6人でやった時は怖かった。グダグダでしたね」と冷や汗をかいていたと明かした。今回は、11人に加えて、サポートダンサーも舞台に上がっていた。

 3人ユニット・POP MONSTERのセンターを務めたのは、スパイク・松浦志穂。吉本坂46のデビューCDは、ソロジャケットが46人分、46種類のバージョンが存在する。実は松浦、2月1日時点でのジャケット別売上ランキングで、46位中45位とビリレースの真っ只中。46人の総売上数2万2183枚に対し、松浦の売上数は111枚で、1位の新喜劇・小寺真理の売上2232枚の1/20に満たない結果となった。「こんなに(センターで)歌わせてもらってこんなに売れない人いないでしょ」と自虐的に語った。

 次回は3月31日に京都市勧業館みやこめっせ(京都市左京区)で開催。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年2月4日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。