大山倍達氏の孫が逮捕 漫画「空手バカ一代」に熱狂したかつての少年たちに衝撃

大山倍達氏の孫が逮捕 漫画「空手バカ一代」に熱狂したかつての少年たちに衝撃
 警視庁新宿署は27日、乾燥大麻を所持していたとして、自称東京都豊島区の自営業で21歳の大山照羅容疑者ら3人を大麻取締法違反(共同所持)容疑で現行犯逮捕したと発表。照羅容疑者は極真空手の創始者、大山倍達氏(1994年死去)の孫であった。

 報道によると、照羅容疑者の逮捕容疑は26日午前2時35分ごろ、新宿区大久保の路上に停車中の乗用車内で乾燥大麻を所持したとしている。同署によると、警戒中のパトカーを追い越した車の助手席に乗っていた照羅容疑者が目をそらすなど不審な動きをしたため、職務質問をした。運転席付近から缶や封筒の中に入った乾燥大麻が見つかったという。3人の尿からは大麻の陽性反応が出た。

 照羅容疑者は覚せい剤取締法違反で1月に有罪判決が言い渡され、執行猶予中だったという。

 倍達氏がモデルとなった漫画『空手バカ一代』(原作・梶原一騎、画・つのだじろう、影丸譲也)は、1971年から1977年まで講談社の『週刊少年マガジン』に連載され、人気を博した。1973年に公開されたブルース・リーの映画『燃えよドラゴン』の人気もあり、国内で一大空手ブームが沸き起こった。最盛期の1990年代には、各都道府県に極真会館の支部が設置され、公認支部道場は世界123カ国に1,000以上、会員数1,200万人の規模を誇った。当時、小学生だった世代は40~50代。今回の事件は、かつて空手バカ一代に熱中した世代に衝撃を与えた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年2月27日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。