“TOKIO山口ショック”の影響? 『めざましテレビ』、4年ぶり視聴率首位奪還

“TOKIO山口ショック”の影響? 『めざましテレビ』、4年ぶり視聴率首位奪還
 朝の情報番組の中で、『めざましテレビ:第2部』(フジテレビ系)が2018年の平均視聴率において9.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区平均)を記録し、同時間帯1位を獲得したことがわかった。首位への返り咲きは2014年以来4年ぶりとなる。『めざましテレビ』は1994年スタートのベテラン番組であり、貫禄を見せつけたといえるだろう。

 平日朝の情報番組は、各局ともに同タイプの番組を打ち出しており、熾烈な視聴率競争を繰り広げている。極楽とんぼ加藤浩次による『スッキリ』(日本テレビ系)、TOKIO国分太一真矢ミキによる『ビビット』(TBS系)、小倉智昭による『とくダネ!』(フジテレビ系)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)と、著名人を据えた8時台のワイドショー競争が話題だが、それ以前の時間帯から競争は始まっているといえるだろう。『めざましテレビ』躍進の理由としては、何が挙げられるだろうか。

 「『めざましテレビ』が1位となる前まで、同時間帯トップであったのは『ZIP!』(日本テレビ系)でした。局アナウンサーではなく、タレントをメインキャスターに据えたワイドショー的な作りの情報番組として人気を博していました。しかし、2018年にレギュラー出演者だった元TOKIOの山口達也氏が、未成年女性に対する強制わいせつ事件を起こし番組を降板。山口ショックによる視聴者離れはあったといえるでしょう。10月からは新たに

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年4月3日の芸能総合記事
「“TOKIO山口ショック”の影響? 『めざましテレビ』、4年ぶり視聴率首位奪還」の みんなの反応 1
  • ニャニャー 通報

    現在のフジテレビ社長が、ジャニーズ嫌いなら別にいいと思う。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュース

次に読みたい関連記事「関ジャニ∞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「KAT-TUN」のニュース

次に読みたい関連記事「KAT-TUN」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。