アイドル、DJ、元タレント… 内田裕也さんロック葬、“意外な参列者”が話題に

アイドル、DJ、元タレント… 内田裕也さんロック葬、“意外な参列者”が話題に
 3月17日に亡くなったロックミュージシャンの内田裕也さんのお別れ会が、4月3日に青山葬儀場で行われた。内田さんが長年にわたって主催してきたイベント「ニューイヤーロックフェスティバル」を模した「ロック葬」として話題になった。参列者には、特製カンバッヂも配布された。

 このロック葬には芸能界から多くの者が参列した。スタッフの名前を見るだけでも、芸能プロダクションの重鎮の名前がずらりと並ぶ。弔事を読んだ堺正章は、古くからの音楽仲間として知られるが、中には意外な人物もいた。彼ら、彼女らと内田さんの関係を紐解いてみたい。

 ひと際目を引いたのがTRFのリーダーであるDJ KOOである。KOOといえば小室哲哉ファミリーとして知られる。TRFが基調とするテクノサウンドと、内田さんの硬派なロックサウンドは「水と油」のようにも思えるが、意外にもつながりがあった。デビュー時に内田さんにあいさつをする機会があり、サングラスを取ろうとしたら「いいよ、ミュージシャンなんだから」と言われたエピソードがある。内田さんの粋な計らいが感じられるエピソードではあろう。

 指原莉乃は2014年に内田さんとコラボした音楽「シェキナベイベー」を発表している。この時、内田さんは70歳を超えていた。それでも20代の若いアイドルとコラボを成し遂げる野心が感じられる。

 さらに、元タレントの田代まさし氏の姿も会場にはあった。田代氏はラッツ&スターとして、顔を黒塗りメイクにしたミュージシャンとして活躍していた。洋楽志向の強い内田さんとは相通ずるものがあったのだろう。芸能界の偉大な先輩として最後の別れを惜しんだのだろう。

 こうして見ると内田さんは、芸能界の内外に幅広い人脈を築いていたとわかる。義理の息子の本木雅弘が述べた通り、「予定“不”調和」を生き抜いた稀有な人物だといえるだろう。ご冥福をお祈りしたい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年4月5日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「武田鉄矢」のニュース

次に読みたい関連記事「武田鉄矢」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「薬丸裕英」のニュース

次に読みたい関連記事「薬丸裕英」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「梅沢富美男」のニュース

次に読みたい関連記事「梅沢富美男」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。