大女優・三田佳子と黒木瞳の“過保護バトル”<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>
拡大する(全1枚)
 『婦人公論』(中央公論新社)4月9日号で、女優の三田佳子が次男・高橋祐也について「卒母しています」と宣言した。祐也は昨年9月に覚せい剤取締法違反でまたもや逮捕され、現在は保護観察付きの執行猶予中である。

 これまで、祐也のたび重なる逮捕のたびに、三田の“過保護ぶり”が波紋を呼んできた。現在は、施設を退所して沖縄のタワーマンションで生活していることが報じられている。

 また、祐也と不貞関係にあるとされる元乃木坂46のメンバー・大和里菜が、妊娠していると思われる姿を4日、インスタグラムにアップした。祐也はツイッターで批判される我が子の誕生を切に願い、先月にも大和との“電撃再婚”を予告していた。

 もはや、手のつけようのない祐也に、さぞ頭を抱えているであろう三田であるが、大女優であるがゆえ、与えられた使命なのかも知れない。同じくして、子育てに失敗したとやゆされているのは、女優の黒木瞳である。意気投合しそうな2人ではあるが、三田と黒木は“犬猿の仲”という噂があるようだ。

 両者の因縁は、30年以上前にまでさかのぼる。宝塚を退団し、本格的に女優に転身した黒木は、1986年の映画『化身』で、初主演ながらフルヌードを披露。体当たりの演技と引き換えにスターダムを駆け上がったのだ。そして、この作品に三田も出演し、両者は初共演を果たした。

 かつての三田は、映画至上主義者のような本格的な女優であった。テレビでブレークした役者のことはあくまで『テレビの人』と区別していたようだ。そんな三田が、何かの拍子に「そんな、宝塚の娘さんじゃないんだから」と口にしたことが、黒木に伝わったという。当時は、“映画の素人”であった黒木だが、プライドを傷付けられ、悔しい思いもしたようだ。