7歳の息子を売りわたした母親、娘2人の人身売買も計画していたことが発覚 身勝手な理由に激怒の声

7歳の息子を売りわたした母親、娘2人の人身売買も計画していたことが発覚 身勝手な理由に激怒の声
 たいていの場合、お腹を痛めて産んだ我が子はかわいいものだ。しかし海外には、金銭目的で子供を売った親がいるようだ。

 海外ニュースサイト『METRO』は4月8日、自身の3人の子供を売ろうとしていたアメリカ・テキサス州の29歳の女に、6年の刑務所行きの判決が出たと報道した。女は昨年、7歳の息子を2500ドル(約28万円)で売った罪に問われていたが、2019年4月6日に行われた裁判で、さらに2歳と3歳の娘2人も売る準備をしていたことが判明したそうだ。

 女が子供を売ろうとした理由について、警察は女と女の交際相手にドラッグ絡みの借金があり、その返済に充てるためだったと明らかにした。同記事によると、テキサス州の法律では子供1人の売却容疑に対し、最大で2年の刑期しか言い渡すことができない。そのため子供3人を売却しようとした女に対しては、最大で6年の刑期を求めることしかできないという。同記事では、「刑期の長さではなく、最も重要なことは女を刑務所に入れることだ。我々は女に罪を償わせることに全力を尽くす」という警察のコメントも紹介している。

 宿泊施設を運営する「マリオット・インターナショナル」が2019年に発表した内容によると、アメリカの人身売買ホットライン事務所「Polaris(ポラリス)」は、アメリカ国内には何十万もの人身売買犠牲者がいると推定しているという。ポラリスは、2007年から米保健福祉省などの助成金で運営し、人身売買に関する相談を受け付けている事務所だ。

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。