娘に性的虐待の父親が無罪、ネットから「狂った裁判」と怒りの声殺到 対照的な事件が昭和に

娘に性的虐待の父親が無罪、ネットから「狂った裁判」と怒りの声殺到 対照的な事件が昭和に
       
 愛知県で同居していた実の娘と性交したとして起訴された男性に「無罪」判決が言い渡された。この事件をめぐり、ネットでは物議を醸している。

 2017年、虐待で抵抗できない精神状態にあった当時19歳の実の娘と性交したとして、準強制性交等罪に問われていた父親に今年3月26日、無罪判決が言い渡された。名古屋地裁岡崎支部は、性交について娘の同意がなかったと認定したものの、抵抗不能の状態に至っていたとは断定できないとしている。4月8日、名古屋地検岡崎支部は判決を不服として控訴した。

 抵抗できない状態にあったと主張する検察側に対し、被告側は同意のもとで性交は行われており、被告は娘が抵抗できない状態だったとは認識していなかったと訴えていた。

 長年にわたる性的虐待と、意に反する性交の事実が認定されたにもかかわらず、無罪判決が下された今回の事件に、ネットでは疑問の声が相次いでいる。コラムニストの犬山紙子氏が4月4日、ツイッターで「何を変えたらこんな狂った判決でなくなる?絶望」と投稿すると、賛同の声が殺到。「許せない」「日本の司法制度はおかしい」「何で虐待の事実があるのに無罪になるの?」など、日本の法律に問題があるのではと考える人たちの声が多く見られた。

 なぜ性的虐待の事実がありながら無罪となったのか。刑法の性犯罪規定で「暴行・脅迫が証明できなければ罪に問えない」とされている点が判決に影響したと考えられる。2017年には刑法の性犯罪規定が110年ぶりに改正され、厳罰化と適正化が進められたと言われていたが、当時からこの点は懸念されていた。弁護士など専門家は、客観的に見て被害者の「抵抗」が明らかでなければ罪に問われない可能性があることを危惧していたようだ。

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「娘に性的虐待の父親が無罪、ネットから「狂った裁判」と怒りの声殺到 対照的な事件が昭和に」の みんなの反応 5
  • 今後被害者が続出する 通報

    この裁判が最終判決になったら… 法的に娘を犯しても合法と言っているのと同じ! 合法である以上、警察が介入出来なくなる! 被害者は誰にも助けて貰えなくなる。

    22
  • 匿名さん 通報

    鬼畜文化になった日本。。どんな文化でも許されなかった事が正当化。裁判官自身も経験者だってりして???そう思ってしまう。

    8
  • 匿名さん 通報

    へー、マスコミがこの裁判を批判するのは驚き。親が子供になんて、試し腹があるあちらの国の習慣だから、マスコミは、あっち側の味方だと思っていたんだけど。

    2
この記事にコメントする

もっと読む

「事件」に関する記事

「事件」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「事件」の記事

次に読みたい「事件」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月14日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。