タイムマシンの原理はブラックホールにあり!?未来人ジョン・タイター

       
タイムマシンの原理はブラックホールにあり!?未来人ジョン・タイター
 ここ最近、海外を中心に「未来人」を自称する人物が登場し、ネットでインタビュー動画を公開するなど、精力的に活動していて注目を集めている。

 そんな未来人ブームの先駆者が、アメリカに登場した未来人ジョン・タイターという人物だ。

 1998年4月27日、ジョン・タイターは自分の両親のもとに姿を現す。当然のことだが、両親は驚いた。何故なら、その時点でまだ2歳の我が息子が未来から36歳の成人男性となって訪ねてきたのだから、当然であった。ジョンは2001年3月まで滞在し、数々の予言を公開、未来へと帰還したという。

 その予言の幾つかを紹介すると、「2008年北京オリンピックの中止」「2015年第三次世界大戦勃発」「2015年中国による日本、台湾、朝鮮の強制合併」「中国に核兵器で攻撃されるオーストラリア」「ロシアの暴走と中国軍の世界侵攻」「中東での大量破壊兵器の使用」「2020年タイムトラベル反対派の抹殺」などが主な予言だ。中国の世界侵攻やロシアの暴走は的中しているが、北京オリンピックの中止などは外している。

 そんな彼がどうやって現代に戻ってきたのか。彼は自分が利用したタイムマシンの原理と仕組みを図解も含めて公開している。彼のタイムマシンは、今注目されているブラックホールを利用したものだという。人工的にカー・ブラックホール(回転するブラックホール)を作り出す。

 カー・ブラックホールは、通常のブラックホールとは違いドーナツ状をしており、このドーナツ状の特異点を潜り抜けることで別の世界線に移動できる。この小型のマシンを自動車に積載し、稼動させタイムトラベルを行う。但し、年数を遡るほど歴史線の誤差が生じるので、1回につき数十年単位でしか移動できないそうだ。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「タイムマシンの原理はブラックホールにあり!?未来人ジョン・タイター」の みんなの反応 2
  • クオーク 通報

    私も、宇宙人でプレデアス星からきました。私ののつてきた宇宙船は、二重構造になっていて内側外側がカプセル状で外側が回転してイオンかして飛んでいます。

    1
  • 匿名さん 通報

    私はコナミ星雲のウイイレ星からやってきました。 宇宙人多くて、( ´∀`)です

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月20日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。