フジテレビにプロ野球OBの2世が続々入社 有名作家の息子は大出世、他にも2世社員が多数

フジテレビにプロ野球OBの2世が続々入社 有名作家の息子は大出世、他にも2世社員が多数
 フジテレビの新入社員が話題だ。『週刊ポスト』(小学館)および同誌のウェブサイト「NEWSポストセブン」によれば、横浜ベイスターズで活躍した元プロ野球選手である野村弘樹氏の長男が入社したようだ。フジテレビの入社式は親が同席するのが通例であり、野村氏の姿もあった。記事では2017年に佐々木主浩氏、2018年に小宮山悟氏の息子が入社しており、3年連続でベイスターズOBが入社している。

 もともとマスコミ業界は著名人二世が多く活躍しているが、その中でもフジはかねてよりその割合が多かった。80年代には「楽しくなければテレビじゃない」をコンセプトに掲げ、サブカルチャー色の強いコアな深夜番組や、業界ノリを全面に押し出したバラエティ番組、トレンディドラマを多く作り出してきた。

 テレビ局のコンテンツとしてはドラマ、バラエティ、報道、スポーツなどが挙げられるが、フジテレビは前者2つの要素が強く、もともと芸能界との結びつきが強い局だったといえる。著名人の子息を入社させるメリットは、著名人本人と芸能プロダクションとのつながりに加え、著名人と懇意のスポンサー企業もあるため、テレビ局にとっては「おいしいお客さん」であるといえる。

 フジテレビ社員の有名な著名人二世といえば、作家遠藤周作の息子の遠藤龍之介氏がいる。現在はフジテレビ専務取締役を務める。

 2014年に亡くなった俳優の宇津井健さんの息子の宇津井隆氏もフジテレビ社員である。遊び人として知られ、とんねるず古舘伊知郎などとも親交がある。フジの「業界人ノリ」を代表する人物といえるだろう。

 近年でも、藤井フミヤの息子である藤井弘輝がアナウンサーとして入社したほか、陣内孝則の息子もフジテレビディレクターとして活躍中だ。藤井はチェッカーズとして、『夜のヒットスタジオ』などに登場し、陣内も『君の瞳をタイホする!』を始め数々のトレンディドラマに登場し、80年代から90年代にかけての黄金期フジテレビへの貢献者といえる。それゆえ、現在も同局とのつながりが深いのかもしれない。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2019年4月20日の芸能総合記事
「フジテレビにプロ野球OBの2世が続々入社 有名作家の息子は大出世、他にも2世社員が多数」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    いうても、親が金持ちで交友広かったら、それだけええ教育受けてコネももっとるんやろから、積極的に獲りに行くのは自然やろ。出自も才能や。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。