水嶋ヒロの俳優復帰はあの話題作?

 昨年12月に本名・齋藤智裕で執筆した作家デビュー作「KAGEROU」(ポプラ社)が話題となり、先月創刊されたライフスタイル誌「GLOBAL WORK(グローバルワーク)」の編集長をつとめるなど文化人路線を歩んでいる水嶋ヒロだが、その路線では行き詰まった感じのようだ。

 「ポプラ社の小説大賞を受賞し華々しく“文壇デビュー”したが、肝心の文章やストーリー展開があまりにもレベルが低く、受賞が“ガチンコ”とは思えなかった。水嶋本人はあまりの批判と、『前作以上のものを書かないと』というプレッシャーから、『書けない!』と苦悩していた、しばらく第二作は出ないようだ」(出版関係者)
 そんな中、水嶋はGIRL NEXT DOORの新曲「Silent Scream」のPVの原作・脚本・出演の1人3役をこなし、以前は本業だった俳優業に色気をのぞかせているが、俳優復帰策として話題になりそうなドラマのオファーがあったというのだ。

 「某キー局が長期間の逃亡の末、英国人英会話講師・リンゼイさん殺害事件で、おととし逮捕された市橋達也容疑者の逃亡手記『逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録』(幻冬舎)のドラマ化を企画。逃亡のために整形手術を重ねた市橋容疑者は逮捕時、ネットで『水嶋ヒロ似』とネットでも話題になった。そこで、今年1月に同書が発売されると、プロデューサーは水嶋をモデルに企画書を書き上げ、年内にドラマ化されることに。水嶋にオファーし、二つ返事でOKかと思いきや、水嶋は被害者遺族の感情や、道徳的観点からオファーを受けるかどうか迷っている。水嶋がオファーを受けないとドラマの企画自体がなくなるらしい」(ドラマ制作関係者)
 というのも、「最初から水嶋にオファーしたわけではなく、小栗旬妻夫木聡向井理らにオファーしたところあっさり断られた」(同)という。

 本格的な俳優復帰としてはインパクトが大きすぎるドラマだが、果たして、水嶋はオファーを受けるのだろうか?

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 水嶋ヒロ Instagram
  2. 水嶋ヒロ ブログ
  3. 水嶋ヒロ 仮面ライダー
水嶋ヒロのプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る 2011年4月6日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「水嶋ヒロ + 絢香」のおすすめ記事

「水嶋ヒロ + 絢香」のおすすめ記事をもっと見る

「水嶋ヒロ + ブログ」のおすすめ記事

「水嶋ヒロ + ブログ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「窪田正孝」のニュース

次に読みたい関連記事「窪田正孝」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら