“TENCA”取ったが長続きせず? 内田有紀の赤っ恥ヒット曲【有名人の消し去りたい“黒歴史”】

“TENCA”取ったが長続きせず? 内田有紀の赤っ恥ヒット曲【有名人の消し去りたい“黒歴史”】
 女優の吉高由里子主演のドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)が、16日の初回放送より、ネット上では共感の声が多く上がっているようだ。同ドラマの原作は、朱野帰子氏による同名小説である。

 23日放送の第2話は、育休明けの“ワーキングママ”を中心としたストーリー。2児の母親が二足のわらじを履こうするも、立ちはだかる壁に奮闘する姿を描き、放送後には、多くの関心が寄せられた。今回、ワーキングママ役を演じたのが女優の内田有紀だった。

 内田というと、小学6年生の頃に母親がモデルにスカウトされ撮影所に同行すると、やがて内田もモデルとして活動を始めることになる。その後はCMにも出演し、1992年の『その時、ハートは盗まれた』(フジテレビ系)で女優デビュー。同年冬には、ユニチカの水着キャンペーンモデルに選出され、一躍スターへの階段を上った。

 1994年の『時をかける少女』(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演を果たし、同年10月には『TENCAを取ろう! -内田の野望- 』で歌手デビュー。オリコン史上初、女性ソロ歌手のデビュー曲で初登場1位を記録。さらに、同年『フジテレビビジュアルクイーン』に選出されるなど、アイドル女優として絶大な人気を得た内田は以降、女優と歌手活動を軸に活躍した。

 さて、輝かしいタイトルを獲得した内田のデビュー曲だが、今となってはこの話題に触れることはなく、要は内田の“黒歴史”であるようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 内田有紀 ドラマ
リアルライブの記事をもっと見る 2019年4月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「内田有紀 + ドラマ」のおすすめ記事

「内田有紀 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「木村佳乃」のニュース

次に読みたい関連記事「木村佳乃」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「水野美紀」のニュース

次に読みたい関連記事「水野美紀」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。