ダウンタウン、ウンナン、とんねるず、平成に活躍した芸人の功績がバラエティを変えた

ダウンタウン、ウンナン、とんねるず、平成に活躍した芸人の功績がバラエティを変えた
 平成が終わりを告げ、令和元年を迎えた。平成はお笑い界の中でも大きく転換した時期だと言える。

 土曜午後8時から放送されていた『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)が終了し、『ダウンタウンガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)がスタートしたのが平成元年。明石家さんまタモリビートたけしのお笑いビッグ3に加えて、ダウンタウン(浜田雅功松本人志)、ウッチャンナンチャン(内村光良、南原清隆)、とんねるず(石橋貴明木梨憲武)ら、当時30代の芸人が台頭したのも平成である。

 現在、ダウンタウンは、『ガキ使』はもちろん、『ダウンタウンなう』(フジテレビ)、『ダウンタウンDX』(読売テレビ/日本テレビ系)など、東京進出時からレギュラー番組が絶えず、現在でもコンビで活躍中。ピンでもそれぞれ番組を持っている。

 ウッチャンナンチャンは『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(フジテレビ系)や、『ウンナンの気分は上々。』(TBS系)など、前衛的なコント番組からゆるやかなバラエティーなど、数々の冠番組で一世風靡。最近こそコンビでの活動は減ってしまったが、それぞれがピンでレギュラーを持ち、内村に至っては未だに、『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)でプレイヤーとしてコントを作り続けている。

 『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)や、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ系)などの冠番組を多数持ち、歌を出せば大ヒット……その“スター性”で芸能界を走り続けたのがとんねるず。コンビとしてのレギュラー番組は消滅したものの、いまだに根強いファンと憧れている後輩が多い2人だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年5月5日の芸能総合記事
「ダウンタウン、ウンナン、とんねるず、平成に活躍した芸人の功績がバラエティを変えた」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    この人らに、傷ついた出演者も数々いるけどな。

    3
  • 匿名さん 通報

    えっ、功績????

    2
  • 匿名さん 通報

    昭和のセンスを30年間あいかわらず引っ張り続けただけの人々

    2
  • 匿名さん 通報

    今の流れだと、この人らとタモリ、たけし、さんまがだいたい同時にテレビから去りそうだな?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「上沼恵美子」のニュース

次に読みたい関連記事「上沼恵美子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松本人志」のニュース

次に読みたい関連記事「松本人志」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。