IWGPヘビー級新王者オカダ・カズチカ、初防衛戦は「約束通り」“同い年”のSANADA!

IWGPヘビー級新王者オカダ・カズチカ、初防衛戦は「約束通り」“同い年”のSANADA!
 オカダ・カズチカの次戦は「約束通り」の相手だ。

 日本時間4月7日、アメリカのニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデン(MSG)大会に、日本人プロレスラー史上3人目となるメインイベントに出場。モンスター化したジェイ・ホワイトからIWGPヘビー級王座を奪取した。10カ月ぶりに戴冠し、平成最後のIWGPヘビー級王者となったオカダは、3月に開催された『ニュージャパンカップ2019(NJC)』の決勝で対戦したSANADAを初防衛戦の相手に指名した。

 NJC決勝でSANADAを倒した際、オカダが「アメリカから帰ってきたらまずSANADAさんともう1回やるよ」と再戦をファンに約束しており、これを守った形だ。2人は5月4日、『レスリングどんたく 2019』福岡国際センター大会2日目のメインで戦う。

 オカダとSANADAは同い年ということもあり、内藤哲也飯伏幸太のように「自分らの世代で盛り上げたい」という気持ちが強い。しばらく先輩ばかりの状況が続いていたオカダにとって、ライバルになり得る同い年のSANADAが新日本マットに来たのは大きいのだろう。

 歴代最多防衛V12の記録を持つオカダが、新たな防衛ロードの記念すべき初戦でスケール感の大きな戦いを見せてくれそうだ。SANADAとしてはリベンジ、そして新日本で初のシングル戴冠がかかる。NJCではシングルプレーヤーとして実力を発揮しただけに、抜群の身体能力とプロレスセンスが開花するのか?SANADAはまだオカダから勝利を収めていないが、今回はどうなるか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年5月4日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「鈴木みのる」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木みのる」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中邑真輔」のニュース

次に読みたい関連記事「中邑真輔」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「飯伏幸太」のニュース

次に読みたい関連記事「飯伏幸太」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。