『いだてん』、ついにワースト視聴率を更新! 脚本、主演、あの人の滑舌…?“戦犯探し”始まる

『いだてん』、ついにワースト視聴率を更新! 脚本、主演、あの人の滑舌…?“戦犯探し”始まる
 NHK大河ドラマ「いだてん」の4月28日に放送された第16回の関東地区の平均視聴率が、大河史上ワーストとなる7・1%(ビデオリサーチ調べ、以下同)を記録したことが、7日に明らかになった。

 これまでの同作最低は、3月31日に放送された第13回の8・5%。また、これまでの大河ドラマのワースト記録は、12年11月18日に放送された松山ケンイチ主演の「平清盛」の7・3%だった。

 4月28日放送の第16回は、コカインで逮捕・起訴され降板したピエール瀧被告の代役として起用された三宅弘城が登場。登場前にはネット上で盛り上がりを見せていたが、視聴率アップには結び付かなかった模様で、大河史上ワースト視聴率を記録することになってしまった。

 今月5日放送の第17回の視聴率は、前週よりややアップしたものの7・7%だった。

 「まだまだ第1部で、今後、阿部サダヲが主演を務める第2部にバトンタッチ。先日、第2部の主要キャストの発表があったばかりにもかかわらず、ワースト視聴率を更新。現場の士気はなかなか上がっていかないだろう。NHKも目立ったプロモーションといえば、新キャスト発表を定期的にやるぐらいなので、もっと番宣に力を入れないと、どんどんワーストを更新することになりそう」(テレビ局関係者)

 そこで今後盛り上がりそうなのが、低視聴率の原因となったであろう“戦犯”探しだという。

 「ネット上を見ると、脚本の宮藤官九郎、第1部主演の中村勘九郎への批判が多い。その一方で、ドラマの語り部である落語家・古今亭志ん生を演じるビートたけしの滑舌の悪さがミスマッチであることを指摘する声も挙がっている」(芸能記者)

 今さらかもしれないが、制作サイドは視聴者たちの意見に耳を傾けた方が良さそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年5月7日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。