下半身裸に座布団…刺殺された14歳少女、ひた隠しにした“用事”とは?【未解決事件ファイル】

下半身裸に座布団…刺殺された14歳少女、ひた隠しにした“用事”とは?【未解決事件ファイル】
 人の目が多い住宅街で、女子中学生が自宅で惨殺された不可解な事件があった。友人に語らなかった謎の“用事”、20分間という短時間の犯行、現場から走り去った中年男…。多くの謎と手がかりを残したまま、事件は2008年に殺人罪の公訴時効を迎え、真相は闇の中だ。

 1993年10月27日17時40分頃、青森県八戸市に住む、当時14歳の女子中学生Sさん(仮名)は所属していた陸上部の練習を終え、友人2人と自宅への帰り道を歩いていた。いつもなら、学校の帰り道に友人らと一緒に食料品店に寄るのだが、この日Sさんは「18時までに家に帰宅し、18時20分ごろまで家にいなければいけない」と話していたため、3人は寄り道をせずに帰ることにした。友人の一人が何の用事なのか聞いたが、Sさんは答えを濁すばかりで、結局、用事が何だったのかは分からずじまいだった。

 17時53分、本八戸駅前で友人らと別れて、Sさんは一人で自宅に向かった。17時58分頃、通行人がSさんの家の前を通った際に、家に電気が点いていなかった事を確認しているため、Sさんが帰宅したのは18時00分頃だと考えられている。

 Sさんが帰宅したと思われる18時15分頃、Sさんの自宅の玄関のガラスが割れる音が住宅街に響き渡った。警察の調べによると、近所に住む16人がこの音を聞いており、中には「助けて」の声を聞いたと警察に証言した者もいた。

 それからわずか数分後の18時23分頃、Sさんの母親が帰宅。母親が目にしたのは、寝室で倒れ、胸から血を流しているSさんの姿だった。Sさんは仰向けの状態で両手を粘着テープで縛られ、口もテープで塞がれていた。上半身は学校指定のジャージにパーカーを羽織っていたが、下半身は裸で座布団が掛けられていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年5月18日の社会記事
「下半身裸に座布団…刺殺された14歳少女、ひた隠しにした“用事”とは?【未解決事件ファイル】」の みんなの反応 51
  • 匿名さん 通報

    遺留品を捨てるわけがないので、後年になってからDNA鑑定は可能だった。つまり青森県警は犯人を知っている。また政治家の息子とかだろ。権力者の身内は性犯罪OKの狂った日本。

    71
  • 匿名さん 通報

    芸者「小はん」の首を絞めて殺し、海外留学で逃げた政治家の息子がいた。のちに首相になった。これがニッポン。

    47
  • 匿名さん 通報

    青森県の警察は無能だから仕方ない。

    30
  • 匿名さん 通報

    悠仁親王の机に刃物を置いた長谷川容疑者の住所は、在日朝鮮総連京都支部のものと一致。

    24
  • 匿名さん 通報

    殺害後の暴行目的でも そんな上手いタイミングで 侵入し逃げ切るって変な感じ。 用事っていうのも怪しいな。 周囲の大人に仕組まれたかのようで。 そんな田舎だったら犯人簡単にわかるやん。

    19
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。