反町隆史の好感度爆上がり中! “セクシー音痴”代表作『POISON』もその一因?【有名人の消し去りたい“黒歴史”】

反町隆史の好感度爆上がり中! “セクシー音痴”代表作『POISON』もその一因?【有名人の消し去りたい“黒歴史”】
 俳優の反町隆史が、体調不良から路上で座り込んでいた女性を救護していたというニュースが注目を集めている。ツイッターでは「反町隆史」がトレンド入りするなど、大きな反響を呼んだ。

 女性を救護した上に、名前も告げずにその場を去った反町。ネット上では、反町の雄姿に、歓喜と感激する声で盛り上がりを見せているようだ。更に7月からスタートするドラマの主演も決まり、注目度が上がっている。

 反町というと、中学3年生の時にジャニーズ事務所に所属。本名の野口隆史名義で、「平家派」の一員として光GENJIのバックダンサーを務めた逸話がある。

 16歳の時には、ファッションモデルとしてパリ・コレクションの出演を経験。現在の名前に改名した後、1994年7月のドラマ『毎度ゴメンなさぁい』(TBS系)で俳優デビューを飾った。

 また、モデル時代から詞を書き綴る創作活動に取り組んでいた甲斐あって、1997年7月に『Forever』で歌手デビューを果たし、ライブ活動などにも注力した。

 同年から1998年にかけてはフジテレビ系ドラマ『バージンロード』、『ビーチボーイズ』、『GTO』の話題作に立て続けに出演し、高視聴率を獲得。反町あっての大ヒット作品へと導いた。

 俳優として成功を収めた反町だが、歌手活動は“黒歴史”であるという。

 「『Forever』が『ビーチボーイズ』の主題歌に抜擢された上、その年の『紅白歌合戦』(NHK系)にも出場。端正なルックスにバリトンヴォイスが魅力的な反町だが、残念なことに見事な音痴だという。ファンからも『セクシー音痴』と呼ばれるほどだったが、反町の人気は衰えを知らなかった」(音楽関係者)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 反町隆史 松嶋菜々子
  2. 反町隆史 相棒
リアルライブの記事をもっと見る 2019年5月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「反町隆史 + 相棒」のおすすめ記事

「反町隆史 + 相棒」のおすすめ記事をもっと見る

「反町隆史 + 松嶋菜々子」のおすすめ記事

「反町隆史 + 松嶋菜々子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「マツコ・デラックス」のニュース

次に読みたい関連記事「マツコ・デラックス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。