反町隆史の好感度爆上がり中! “セクシー音痴”代表作『POISON』もその一因?【有名人の消し去りたい“黒歴史”】



 2001年2月、『GTO』で共演した女優の松嶋菜々子結婚。だが、結婚後はこれまでの人気が徐々に低迷していった。

 「当時は、ルックスあっての役者で通用していたが、役者としての評価は『大根』の一言に尽き、やがては露出が激減。挙句、『松嶋のヒモ』呼ばわりされていたようだ」(芸能ライター)

 にも関わらず、撮影現場では評判が良いという反町。バラエティなどでは音痴をイジられ、歌詞を小バカにされようが、怒る様子もなく人柄の良さがにじみ出ていたという。芸歴に関係なく、常に新人のような謙虚さがあるという反町だからこそ、“黒歴史”は腫物ではなく、高い好感度を保つ一因にもなっているのだろう。

 今回の一件を受け、ネット上では、反町の過去作品の視聴を促す声もあるようだ。近頃の芸能界は暗い話題が多い中、反町の行動は実に勇敢である。今後、新たなファンを獲得したいところだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 反町隆史 松嶋菜々子
  2. 反町隆史 相棒
リアルライブの記事をもっと見る 2019年5月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「反町隆史 + 相棒」のおすすめ記事

「反町隆史 + 相棒」のおすすめ記事をもっと見る

「反町隆史 + 松嶋菜々子」のおすすめ記事

「反町隆史 + 松嶋菜々子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「小栗旬」のニュース

次に読みたい関連記事「小栗旬」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。