高田純次はジェントルマン! 危うく文春砲で不倫を自制?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】

高田純次はジェントルマン! 危うく文春砲で不倫を自制?【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】
 タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が全治2週間を要するケガを負った。この被害男性が、『週刊文春』(文藝春秋)に告発し、同誌は「当て逃げ」と報じた。

 接触後、15分ほど走り続ける高田に男性はクラクションを鳴らし、パッシングをしながら追跡。首都高から降りたところで高田は停車して応対したようだが、高田は車の接触を否定。男性が状況を説明すると「今20万持ってます」「それである意味ナッシング」と示談交渉を持ちかけたという高田。事務所は「当て逃げ」の事実を否定し、警視庁も「当て逃げの事実はない」とした。

 高田というと、劇団やサラリーマンを経て32歳でTVデビューを果たした遅咲き。その後は俳優、タレントとして活躍。1988年に出演した中外製薬『グロンサン』(現在はライオンから発売)のCMが話題になり、CMのキャッチコピー「5時から男」で新語・流行語大賞の「流行語部門・大衆賞」を受賞。 “5時から男”の代名詞的な存在となった。

 1990年代には『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』(日本テレビ系)で「純次ダンス」を披露し人気を博した。現在は、所属事務所の社長として経営者としての顔も持つ。

 “テキトー男”として親しまれている高田だが、プレイボーイとしても知られている。2008年8月のとあるインタビューで、妻から浮気を“プロファイリング”されたことはないのか、と問われた高田は、夜中の2、3時に帰宅する際には言い訳を考えるという。だが、高田の妻はそういうときに限って問いたださないという。そして、忘れた頃に「そういえばこの前はなんで夜、遅かったの?」と不意打ちされ、高田も焦りを隠せずあたふたすると告白している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年5月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「楽しんご」のニュース

次に読みたい関連記事「楽しんご」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小島よしお」のニュース

次に読みたい関連記事「小島よしお」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「土田晃之」のニュース

次に読みたい関連記事「土田晃之」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。