『あなたの番です』、最低視聴率記録! 反面、評価は上昇中でミステリーファンを取り込める?

『あなたの番です』、最低視聴率記録! 反面、評価は上昇中でミステリーファンを取り込める?
 日曜ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の第6話が19日に放送され、平均視聴率が6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。第5話の6.5%からは0.2ポイントのダウンとなり、自己最低視聴率となってしまった。

 第6話では、俳優の袴田吉彦(袴田吉彦)の死を受け、ゲーム参加者が書いた名前と引いた紙に書かれていた名前が少しずつ明らかに。菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)、また、早苗(木村多江)や黒島(西野七瀬)が協力し合い、少しずつ怪しい人物をあぶり出していくが、新たな犠牲者が出てしまい――というストーリーだった。

 2クール連続放送ではあるものの、“交換殺人”というテーマや毎話人が殺されていくという展開に「悪趣味」「こんなマンション普通すぐ引っ越す」などの苦言が集まり、いまいち数字が振るわない本作。しかし、ストーリーが進むにつれ、視聴者からの考察も白熱しているという。

 「1話に一人ずつが殺害され、現在までに6人が死んでいますが、実はこの被害者たちの名前と死に共通点があるとして、ネット上が盛り上がっています。1話のマンション管理人・床島(竹中直人)は床(地面)に落ちて死亡。2話のタレント医師・山際(森岡豊)は山で殺害。3話のブータン料理店店主・ドルジことタナカマサオ(名倉右喬)は『ドルジ』という言葉がチベット語で『雷』を意味することから、火花からの爆発で死亡。4話の赤池美里(峯村リエ)一家は現場に赤いケーキが残されており、5話の袴田吉彦は袴姿の状態で殺害。6話の児嶋佳世(片岡礼子)は『児』から連想し、胎児のようにさかさまの状態でゴルフバッグの中に入れられたのでは、といった考察が進んでいます」(ドラマライター)

 被害者やその共通点、ゲーム参加者を脅す何者かの行動が明らかになり始めたことにより、ようやくミステリードラマとしての面白さが出てきた本作。「やっとまともに見れるようになってきた」「ヒントが出るようになってようやく見応え出始めてきた」という声も集まっている。

 2クール連続だからこそのスロースタートとなってしまったが、果たして今後視聴率を挽回することはできるだろうか――。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年5月20日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。