「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」惨殺された主婦のポケットに残された謎のメモ【未解決事件ファイル】

「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」惨殺された主婦のポケットに残された謎のメモ【未解決事件ファイル】
 ワラビ採りに出かけた主婦二人組が山中で惨殺された不可解な事件があった。現場に残されていたメモが余りに奇妙な内容だったため、事件から40年たった現在でも、度々ネット上で話題に上がっている。しかし、有力な情報も得られないまま、捜査は難航し、1994年5月24日に公訴時効が成立し、未解決事件となった。

 1979年5月23日、京都府長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた当時43歳のAさん(仮名)と当時32歳のBさん(仮名)は、この日一緒に近くの山にワラビ採りに行くことを決めていた。午前10時頃、午前6時からの仕事を終えた二人は、自転車を使用して近くの山にワラビ採りへ出発。しかし、二人は夜になっても帰宅することはなかった。

 同日夜、帰宅しない妻を心配したBさんの夫は、一人で山に捜索に向かうも発見できず、翌24日の午後2時50分、向日町署に捜索願を提出。警察官や地元消防団など、計100人以上が集まり、警察犬3頭も合わせて捜索にあたったが、25日に二人は遺体で発見された。

 見つかった二人の遺体の損傷は激しいものだった。Aさんは肋骨を骨折し、肝臓は破裂、体内からは犯人のものと思われる体液が検出され、殴打の跡は30か所以上にも及んでいた。Bさんは更に酷く、50か所以上も殴打の跡が残されていた。包丁が体に突き刺さったままの状態で、下着は引き裂かれ、首は絞められた跡がくっきりと残されていた。

 警察は包丁を調べてみたものの、指紋は検出されず、販売ルートも不明。ただ、犯人の血液型がO型であることは判明している。しかし、血液型以外犯人に繋がる手掛かりは見つからず、犯人を特定することは出来なかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年5月25日の社会記事
「「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」惨殺された主婦のポケットに残された謎のメモ【未解決事件ファイル】」の みんなの反応 13
  • 匿名さん 通報

    女子高生コンクリート詰め殺人事件は?犯罪をいくらやっても死刑にならない狂った国、ニッポン。しかも日本人の犯罪なのに「在日がー」と汚いにげを打つバカウヨがウジャウジャ。

    25
  • 匿名さん 通報

    少年犯罪や凶悪犯罪が「減っている」という嘘をそのまま信じる奴がいて笑える。警察は「我々の努力で犯罪が減っている」と言いたいクソ役人。犯罪をもみ消すんだよ!

    17
  • 匿名さん 通報

    葉山御用邸のすぐ近くで性犯罪をやった慶応大生はどうなった?安倍ポチが手を回して無罪放免かい?

    15
  • 匿名さん 通報

    神奈川県では警察が被害者を怒鳴りつけて終わり。調書は「面倒だから書かない」。

    15
  • 匿名さん 通報

    未解決のまま、時効は本当に惜しい。 今だったらDNA鑑定で、性犯罪者前科を洗えば、解決出来たのでは、ないだろうか。当時この記事を初めて読んだ時は、あまりの内容に鳥肌が立った。

    13
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。