【放送事故伝説】止められない生放送!出演バンドが急きょ放送禁止ソングを熱唱

【放送事故伝説】止められない生放送!出演バンドが急きょ放送禁止ソングを熱唱
 今年2019年は歌手・忌野清志郎がこの世を去って10年(2009年5月2日没)となる。現在でもコンビニエンスストアのイメージソングに楽曲が起用されるなど、根強い人気を誇る彼だが、かつてはロックミュージシャンとして数々のメディアで放送事故を起こす「猛者」として有名だった。

 代表的なのが、1989年10月14日にフジテレビ系の音楽番組『ヒットスタジオR&N』で披露した「FM東京罵倒ソング事件」である。

 これは忌野清志郎が中心となった「RCサクセション」が覆面バンド「ザ・タイマーズ」として出演、生放送で実在するラジオ局であるFM東京およびFM仙台を罵倒する楽曲を演奏し、朝日新聞や読売新聞など大手新聞でも取り上げられるなどし、大問題となった放送事故である。

 この日、「ザ・タイマーズ」は自身の代表曲である『デイ・ドリーム・ビリーバー』を含む5曲を演奏予定であった。しかし、タイマーズは2曲目に演奏予定だった『偽善者』という楽曲を急きょ、FM東京を罵倒する未発表の楽曲にすり替え、「FM東京 最低のラジオ」と歌い切ったのだ。

 この楽曲すり替えは、司会の古舘伊知郎ほか他の出演者にも伝えられておらず(一部スタッフには承諾済みだった、との説もある)、関係者は全員、顔面蒼白になっていたという。

 この楽曲すり替えは、忌野が作詞を担当した「TEARDROPS」の楽曲『谷間のうた−−素敵な泉』(1989年9月発売)の扱いに対する抗議ではないかとされている。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2019年5月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。