WWE現場監督トリプルHが11年ぶりに日本公演参戦!元バレットクラブ勢と合体!

WWE現場監督トリプルHが11年ぶりに日本公演参戦!元バレットクラブ勢と合体!
 これはビッグニュースだ。

 世界最大のプロレス団体WWEは、今年のWWE日本公演『WWE Live Tokyo』(28、29日、東京・両国国技館)に、ビンス・マクマホン会長兼CEOの後継者として最有力とされる幹部の1人、トリプルHタレント部門兼ライブ・イベント部門兼ストーリー部門最高執行役員が来日し、試合を行うと発表した。

 トリプルHの日本公演出場は、2008年以来実に11年ぶり。トリプルHは、28日の初日にAJスタイルズ、ルーク・ギャローズ、カール・アンダーソンの旧バレットクラブ勢とタッグを組み、ドリュー・マッキンタイア、バロン・コービン、ボビー・ラシュリー、サモア・ジョー組と対戦する。29日は今のところ出場予定はない。

 トリプルHは、ハンター・ハースト・ヘルムスリーの略で、師匠は昭和のプロレスファンにはおなじみの“殺人狂”キラー・コワルスキー。日本の団体に参戦した経験がないまま世界のトップに上り詰めたまれな選手だ。デビュー当初は当時WWEのライバル団体で、後にWWEにより買収されるWCWのエース候補だった。トリプルHがWWEのトライアウトに合格していなければ、当時WCWと友好関係にあった新日本プロレスに入っていた可能性はある。

 WWEに移籍後は、ショーン・マイケルズ率いるユニット、D・ジェネレーションXに入りブレイク。シングル転身後は、マイケルズ、ジ・アンダーテイカー、スティーブ・オースチン、ザ・ロック、カート・アングル、クリス・ジェリコ、ブロック・レスナー、ダニエル・ブライアンらスーパースターと名勝負を繰り広げ、2003年の日本公演では日本人スーパースターTAJIRIを相手にタイトルマッチを行い日本のファンの心をつかみ、その実力が本物であることを証明した。今年4月にD・ジェネレーションXとしてWWE殿堂入りを果たしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年6月11日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。