『わたし、定時で帰ります』が社会現象に? ドラマが視聴者に与えた影響と共感の声

『わたし、定時で帰ります』が社会現象に? ドラマが視聴者に与えた影響と共感の声
 火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)の第9話が11日に放送され、平均視聴率が10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。第8話の9.1%からは1.1ポイントのアップとなった。

 第9話は、結衣(吉高由里子)が赤字必至な星印の案件のチーフとなるも、過酷なスケジュールのために、部署のメンバーがサービス残業をしてしまうというストーリー。疲れる同僚を見かねて結衣も残業を始めるが、プライベートでは巧(中丸雄一)とすれ違いに。そんな中、来栖(泉澤祐希)が疲労から倒れてしまい――という展開となった。

 新しい働き方を視聴者に提示している本作。中には、働き方について、本作に影響を受けたという視聴者もいるという。

「ブラック企業で身体を壊した経験から、基本的に定時で帰宅することを信念としている結衣ですが、視聴者からは『このドラマ観るようになって、定時で帰るようになりました』『朝礼のスケジュール報告で定時です!って言うようになった』という声が相次いでいます。今年4月から『働き方改革法』が施行され、さまざまな企業が働き方改革に着手していますが、本作も『働き方改革』の一端を担い、現実の会社員たちへ大きな影響を与えているようです」(ドラマライター)

 また、第9話では、晃太郎(向井理)の弟・柊(桜田通)のある告白があり、視聴者から多くの共感の声が寄せられたという。

「現在、自宅に引きこもっている柊ですが、実は新入社員時代、研修もなしに飛び込み営業をさせられ、毎日上司に怒鳴られ、目を閉じると会社が見えて眠れないという状況に。それを優秀な兄に相談したところ、兄は『大丈夫だ。人間は寝なくても死なない。死ぬ気でやれば必ず乗り越えられる』と言ったといい、自殺まで考えたとのこと。しかし、その後『死ぬのはやめて少し休んでみよう』と思い直したといい、視聴者からは『死ぬより休むってできそうでできない。自分がそうだった…』『仕事頑張りすぎることは偉いことじゃないんだって思った』という共感の声が殺到。“人生は仕事だけではない”という価値観を啓蒙するドラマになっています」(同)

 来週、最終回を迎える本作。果たして、どのような結末を迎えるのだろうか――。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年6月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュース

次に読みたい関連記事「テレビ朝日」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。