指を切断する危機! ジェルネイルの施術を受けた20歳女性の壮絶体験に恐怖の声が殺到

指を切断する危機! ジェルネイルの施術を受けた20歳女性の壮絶体験に恐怖の声が殺到
 ネイルアートを施し手元のおしゃれを楽しむのが女性の間で一般的となりつつある昨今、ジェルネイルを楽しむ人も少なくないだろう。しかし、その施術が原因で深刻な健康被害に遭った女性がいるようだ。

 イギリスに住む20歳の女性ブルターニュ・ガイアットさんは、アクリルネイルの施術によって指を切断しそうになったと5月31日に海外ニュースサイト「THE SUN」が報じた。

 アクリルネイルとは、ジェルネイルの一種でアクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜて作る人工爪だ。一般的なジェルネイルは液体を爪に塗り、UVライトまたはLEDライトを当てて硬化させるのに対し、アクリルネイルは爪の長さを人工的に伸ばすことができる違いがある。

 ブルターニュさんは、以前にも利用したことのあるネイルサロンへ。施術中、ネイリストが自爪のカット時に誤ってブルターニュさんの左手薬指周辺の皮膚までカットしてしまったのだ。ブルターニュさんの薬指には、あざのようなものができてしまったという。

 「数日たつと大きくなってきて、あざではなく血豆みたいになっていました。そして激しい痛みと膿による悪臭がするようになってきて…お腹の赤ちゃんに感染したらと心配になって病院に行きました」と、同記事の取材に対しブルターニュさんは答えている。

 医師によると血豆は“肉芽腫”と呼ばれるもので、指の一部を切断する可能性があると宣告されたそうだ。続けて医師はブルターニュさんに、ネイルの施術の際に使用された器具が不潔だったため、肉芽腫が生じたのだろうと説明したという。同記事によると、肉芽腫とは炎症反応による病変の一つで、免疫反応によって細胞が増殖することで形成される腫瘤(しゅりゅう)であるという。その後、ブルターニュさんは肉芽腫切除の手術を受けるも、幸い指の切断は免れたという。しかし、術後もずっと痛みが続いているとのことだ。ブルターニュさんは、ネイルの施術を二度と受ける気はないという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年6月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。