売れっ子になって“監督病”にかかった菅田将暉

売れっ子になって“監督病”にかかった菅田将暉
 俳優で歌手の菅田将暉が、2枚目のアルバム「LOVE」(7月10日発売)の収録曲「クローバー」をモチーフにしたショートフィルム「クローバー」で、監督デビューすることを、各スポーツ紙が報じている。

 各紙によると、同曲はシンガー・ソングライターの石崎ひゅーいが、菅田のために作詞・作曲。構想から約半年、オリジナルストーリーを仕上げ、今年4月に撮影。

 主演を務めたのは、2012年放送のTBS系ドラマ「ブラックボード~時代と戦った教師たち~」で出会って以来、自身のラジオにゲスト出演してもらうなど、公私にわたる付き合いを続ける盟友で俳優の太賀。菅田自身や石崎も出演しているという。

 ショートフィルムの内容は、主人公のサラリーマン(太賀)が、上司や友人にもらったプレゼントをきっかけに、身の回りの物の大切さを知る心温まるストーリー。

 企画・プロデュース・監督・出演の4役をこなした菅田は、「5分のつもりで書いたものがいつのまにか50分近い(47分)作品になってしまいましたが、もしよろしければ見て下さい」とPRしているという。

 「若いころから演技派として知られ、俳優として確固たる地位を築いた菅田だが、ついに撮りたい欲求を押さえ切れない“監督病”にかかってしまったようだ。とはいえ、菅田の場合、ある程度自分のやりたい仕事ができる恵まれた環境にいるので、今回の監督デビューが実現した」(レコード会社)

 そんな菅田に“反面教師”にしてほしいのが、あの先輩俳優だというのだ。

 「今回はMVの監督だが、おそらく、もっと長編を撮りたくなってしまうのでは。主演作『クローズZERO』シリーズが大当たりした、小栗旬の監督作品『シュアリー・サムデイ』が10年に公開されたが大コケ。それ以来、小栗は監督業から撤退。かなりのダメージを受けたようだ」(映画業界関係者)

 菅田は今後も俳優に専念した方が良さそうだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 菅田将暉 CM
  2. 菅田将暉 Instagram
  3. 菅田将暉 ドラマ
リアルライブの記事をもっと見る 2019年6月15日の芸能総合記事
「売れっ子になって“監督病”にかかった菅田将暉」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    売れっ子、というか事務所の力ね この人の事務所、大手の力借りてるから総動員で 主演作ばかり。 木村文乃は今度は大河?実力以上の仕事してて辛くならないのか?それとも菅田のように勘違いしてるのか

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「菅田将暉 + 映画」のおすすめ記事

「菅田将暉 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「菅田将暉 + ドラマ」のおすすめ記事

「菅田将暉 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「東出昌大」のニュース

次に読みたい関連記事「東出昌大」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。