落ちるのは気分だけじゃない? “うつ病”だと気づきにくい身体の異変

落ちるのは気分だけじゃない? “うつ病”だと気づきにくい身体の異変
 日本人のうつ病有病率は2008年時点で12%程度と推定され、全国民の約8人に1人がうつ病かうつ状態にあると医療法人和楽会の貝谷久宣理事長が論文で述べている。それから約10年後の現在、有病率はさらに上昇していると推測される。

 「原因は分からないが憂うつ」「気分が落ち込んでいる」「疲労感が続く」などの状況を抑うつ状態という。うつ状態がより重度になってくるとうつ病と診断される。一つの目安として2週間以上、うつ状態が続くようならうつ病の可能性を疑ったほうがいいとの説もある。

 うつ病になると、「生きていることさえつらい」状態となり、生活や仕事に甚大な影響を及ぼすことも。息苦しくなったり、発汗したり、手足がしびれ、食欲もなくなり、寝てもすぐに目が覚め、慢性的な睡眠不足の状態が続く、いわゆる自律神経失調症の状態となることもある。自分ではただの体調不良と思っていても、実はうつ病の症状ということもあるのだ。

 「もしかしたら自分もうつ病かもしれない」と不安に思った人もいるだろう。以下に、うつ病によって表れるものの、うつ病とは気づかれにくい具体的な症状を列挙するので、ぜひチェックしてほしい。

・耳鳴:聞こえないはずの雑音が聞こえ続け、周囲の音が遠く感じる
・頭痛:慢性的に頭が重たい感じがする
・喉の違和感:ものを飲み込みにくくなったりイガイガしたりする
・鼻詰まり:慢性的に鼻が詰まっている
・めまい:頻繁に立っていられないほどのめまいが起こる

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2019年6月16日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。