2人の少女を集団レイプした男達、睾丸を切断され死亡 逮捕されずネットでは物議に?

2人の少女を集団レイプした男達、睾丸を切断され死亡 逮捕されずネットでは物議に?
拡大する(全1枚)
 何かをされたら仕返しをしたくなる、大なり小なりそんな気持ちを抱くことは誰にでもあるかもしれない。海外には、復讐のため警察を介さずに一般人が自ら手を下した事件がある。

 海外ニュースサイト『New York Post』は、南アフリカ・ヨハネスブルグで、少女をレイプした男が、地元自警団に復讐され、睾丸を切り落とされて死亡したと6月20日に報じた。

 同記事によると15日の夕方、3人組の男が、近くを歩いていた14歳と18歳の少女2人を銃やナイフで脅しながら、集団レイプに及んだという。この事件を受け、地元住民からなる自警団は復讐として、レイプ犯とされる男3人をヨハネスブルグの公園で襲撃したという。このうち2人は何とか逃げきったそうだが、残る1人は自警団に捕まり、睾丸を切り落とされ、殴り殺されたそうだ。

 警察は27日現在、逃げた男2人の行方を追っているそうだ。また、地元住民に対して、自分たちの手で制裁を行なわないよう警告しているという。なお、現在自警団の中から逮捕者は出ていないそうだ。

 国際ニュースメディア『AFPbb NEWS』の2018年9月11日の報道によると、南アフリカでは2017年、殺人発生率がさらに増加し、犠牲者数が2万人を超えたことが判明。国連に提出された警察機関の調査報告書によると6年連続で殺人発生率が増加。1日当たり57人が殺害されている計算で、警察官が不足しており殺人者の逮捕などに苦慮しているという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク