ハッシーの地方競馬セレクション(7/10)「第21回ジャパンダートダービー(JpnI)」(大井)

ハッシーの地方競馬セレクション(7/10)「第21回ジャパンダートダービー(JpnI)」(大井)
 行きっぷりが・・・。先週川崎競馬場でおこなわれた「第23回スパーキングレディーカップ(JpnIII)」。本命に推したマドラスチェックは、まずまずのスタートを切ったものの、なかなか行き脚が付かず追っ付け通しの競馬。向正面に入るとようやく流れに乗ったが、ポジションが後ろになり早々と仕掛けざるを得ない展開。4コーナーでは4番手まで上がったが、長く脚を使っていたため、直線はさすがに苦しくなり4着に敗れました。初の不良馬場が合わなかったのか、目に見えない疲れがあったのか、いずれにしても行きっぷりが本物ではなかったことが敗因でしょう。

 さて、今週は南関東牡馬クラシック第3戦「第21回ジャパンダートダービー(JpnI)」が大井競馬場でおこなわれます。羽田盃馬・ミューチャリー、東京ダービー馬・ヒカリオーソを筆頭に地元勢が中央の猛者を迎え撃ちます。今年は黒潮ダービー馬・ナンヨーオボロヅキも参戦し、3歳ダート界のトップを決める激しい戦いとなるでしょう!

 3歳ダート王者に輝くのはクリソベリルです。1秒1、1秒2、0秒9、これはデビューから3戦、クリソベリルが2着馬に付けた着差。それもすべて最後は流して最速の上がりだから恐れ入ります。デビュー戦は中団から、2戦目は後方からマクって行き、4角先頭の競馬。前走は3番手から3角先頭の競馬と、どんな展開となっても対応できる強みがあります。前走2着に負かしたヴァイトブリックは、その前のヒヤシンスSでデルマルーヴルやマスターフェンサーに先着して2着に入っており、メンバーレベルが低かったわけではありません。まだ全能力を出さずにこれだけの競馬ができるのですから、ここも勝ち負け必至です。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2019年7月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。