「負けたくない気持ちはあった」オリックス山岡、楽天・則本との“エース”対決を制す!

「負けたくない気持ちはあった」オリックス山岡、楽天・則本との“エース”対決を制す!
オリックス 1-0 東北楽天(17回戦)
※オリックスの9勝7敗1分け
▽16日 京セラドーム大阪 観衆 22,098人

 「シンドイ…暑い…」

 クローザーのディクソンとともにヒーローインタビューを終えた山岡泰輔は、ベンチ裏に引き揚げてくると、思わず冷蔵庫からミネラルウオーターのペットボトルを手にした。

 「シーズンが終わるまでは“エース”かどうかわからない」

 春季キャンプで周囲から「エース」と言われることに対して、こんな話をしていた山岡だが、“神童”山本由伸とともにダブルエースとしてチームを引っ張る存在を期待されていることは十分わかっている。チームは最下位だが、開幕投手を務めた山岡はチームの勝ち頭として、防御率リーグトップの由伸とともにここまで“エース”の役目は果たしてると言っていいだろう。この日は楽天のエース、則本昂大との“エース”対決となったが、山岡は「序盤はしんどかったけど、則さん(則本)がいいピッチングをしていたので、負けたくない気持ちはあった」と語り、オリックス打線を1回、先頭打者の福田周平が打ったショートへの内野安打のわずか1安打に抑えた則本と投げ合うことで、その1回に相手のミスなども重なり、吉田正尚の犠牲フライで先制した1点を8回まで守り切り抜いた気持ちを口にした。

 「今日はスライダーよりカットボールが良かった。自分のカットボールじゃないような曲がり方だった。(捕手の松井雅人が)良いと思った球を決め球に使ってくれたので」

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2019年7月17日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。