サンドウィッチマンが錦織選手にプレッシャー? 被災地復興への真剣な想い吐露も

サンドウィッチマンが錦織選手にプレッシャー? 被災地復興への真剣な想い吐露も
 お笑いコンビサンドウィッチマン(伊達みきお富澤たけし)とプロテニスプレイヤー錦織圭選手が、7月17日に行われた東京2020組織委員会・LIXILによる『東京2020 復興のモニュメント』プロジェクト発表と、再生アルミ納入式を兼ねたトークセッションに登場した。

 1年後に迫った「東京2020オリンピック」に向けて、「ちょっとずつ気持ちが高まっている」と話す錦織選手。司会者がメダルの期待を口にすると、すかさず富澤が「あまりメダルと言うと選手にプレッシャーがかかってしまうので、錦織選手の金メダル1個でいいです」と、フォローならぬプレッシャーの倍返しで、会場の笑いを誘う。好きな芸人を聞かれて、「ナイツ」と答えた錦織選手のエピソードを暴露しつつ、打ち解けた雰囲気の中でトークセッションは進行した。

 今回のプロジェクトでは、被災地の仮設住宅に使われた再生アルミを用いて、東京藝術大学の協力のもとモニュメントを制作。東日本大震災発生時に地元・宮城でロケ中だったサンドウィッチマンだが、被災地の復興について尋ねられた伊達は「今もどうすればいいか考えている」と真剣な表情で語った。現在も毎月、被災地を訪れているという。

 好きな芸人ランキング1位(日経BP社調べ)のサンドウィッチマンだが、この日は絶妙な切り返しでイベントを盛り上げた。LIXIL公式アンバサダーを務める錦織選手による組織委員会への再生アルミ納入式では、組織委員会の武藤敏郎事務総長が「(ウィンブルドンを)ずっと見て応援していました」と錦織選手に声をかけると、富澤が横から「関係ないことを言わないでもらえますか」とまさかのツッコミ!すぐさま伊達が「どうぞ言ってください」とその場を収めたが、会場は大ウケだった。

 アルミプレートへのメッセージに、伊達は「東北魂」、富澤は「エール」と記入。「エールを送ってください」と言われて、そのまま「エール」と書く王道のボケだが、笑ってもらうことで東北を元気づけたいという思いがストレートに伝わってきた。錦織選手が書いたのは「未来を変える」。2020年へ向けて、被災地とともに新しい一歩を踏み出した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. サンドウィッチマン M-1
  2. サンドウィッチマン ライブ
  3. サンドウィッチマン ラジオ
リアルライブの記事をもっと見る 2019年7月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「サンドウィッチマン + M-1」のおすすめ記事

「サンドウィッチマン + M-1」のおすすめ記事をもっと見る

「サンドウィッチマン + ラジオ」のおすすめ記事

「サンドウィッチマン + ラジオ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「お笑い芸人」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。