糸井重里 投票用紙に意見欄を提案しネット賛否両論「それは直接訴えること」

記事まとめ

  • 糸井重里がTwitterで、投票用紙に「好きではないけど」など意見を書く欄を作ることを提案。
  • ネットでは「それは直接訴えること」「投票の意味を理解してない」「投票率上がるかも」と賛否両論。
  • 批判を受け糸井が「怒ってる方もいるのか」とツイートすると、「怒ってるのではなく批判」だとさらに批判が集まった。

糸井重里、投票用紙に「意見メモ欄」を提案? ファンは賛同も“斜に構える態度が時代錯誤”の声も

糸井重里、投票用紙に「意見メモ欄」を提案? ファンは賛同も“斜に構える態度が時代錯誤”の声も
 コピーライターの糸井重里のある発言が、ネット上で賛否両論を呼んでいる。

 きっかけとなったのは、21日に行われた第25回参議院議員通常選挙。期日前投票を行った有権者は過去最多の1706万2771人だったが、投票率は48.80%と低く、戦後2番目の低さだった。

 そんな中、投票受付中の21日夕方、糸井重里は自身のツイッターを更新し、「投票用紙に、『好きではないけど』とか『今回限りと思ってほしい』とか、『応援してるけど、無策過ぎ』とか書く欄があったら、なんの足しにもならなくても、もうちょっと行った気になれる」と、投票用紙に自身の意見を書く欄を求める提案をつづっていた。

 投票用紙に名前以外が記入されていた場合は、無効票となってしまうが、糸井のこのツイートに対しては、「それは投票用紙じゃなくて、政党や政治家に直接訴える、または市民同士で語り合うべきことです」「投票の意味を全く理解してない…いい加減なこと呟かないでください」「選挙はやりがいのためにあるわけではない」といった苦言が多く殺到する事態に。批判を受け、糸井は「この感想に対して『怒ってる方々』も、こんなにいるのか。あらためて勉強になりました」とあらためてツイートしたが、「怒ってるのではなく批判してるんです」「呆れてるだけですよ」など、さらに批判が広がることとなった。

 「一方では、『ユーモアが分からない人多いですね』『意見書く欄があったら確かに投票率上がるかも!』という擁護の声もあったものの、『時代錯誤』『政治に関して斜に構える態度は今どき流行らない』など、糸井の時代感覚の古さを指摘する声も多くありました。現在、ほとんどの政党、多くの政治家がツイッターなどSNSアカウントを開設しており、直接意見を言うことができるようになっています。そういった現状からも、糸井の発言に非難が集まってしまったようです」(芸能ライター)

 糸井のツイートは、実際に無効票を呼びかけるようなものではなかったものの、投票受付時間中ということもあり、賛否両論を集めてしまったようだ。

記事内の引用について
糸井重里公式ツイッターより https://twitter.com/itoi_shigesato

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「糸井重里、投票用紙に「意見メモ欄」を提案? ファンは賛同も“斜に構える態度が時代錯誤”の声も」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    これは面白い案だな。投票率が上がって、有効票が減る可能性が高いし、当選者の得票数よりも無効票が多ければ少しは考えるだろう。後は当選票が無効票を上回らなければ当選無しか議会の発言、採決を減らすかとかな。

    0
この記事にコメントする

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。