バス運転手、車椅子の女性に乗車拒否発言 苦しい言い訳に批判の中、同情的な声も

バス運転手、車椅子の女性に乗車拒否発言 苦しい言い訳に批判の中、同情的な声も
 青森市営バスの男性運転手が、車椅子の女性に乗車拒否と取れる発言をしたとして、厳重注意を受けたことが判明。その処分と運転手の行動が、賛否両論となっている。

 事案が発生したのは、20日午後7時頃。JR青森駅前のバス停で、男性運転手がバスに乗った車椅子の女性に対し、乗車拒否とも取れる発言をした。その後、市に「対応が不適切」との指摘が入り、調査を開始。その結果、不適切対応が事実だったとして、女性に謝罪するとともに、運転手を指導したという。運転手は「誤解を与えるような言い方をしてしまい、反省している」と反省の弁を述べているとのことだ。

 今回のような車椅子の利用者を、路線バスの運転手が乗車拒否し、謝罪する事案は度々発生している。今月は、滋賀県大津市の帝産湖南交通の運転手が、バスに乗り込もうとした車椅子の男性に対し、「スロープの出し方がわからない」と告げ、乗車を断った事案が発生している。

 後の聞き取り調査で、運転手は「スロープの出し方がわからない」という主張は嘘と告白。その上で、「30人~40人がすでに乗車し座れない乗客がいる中で、頭が真っ白になった」と話し、事実上の乗車拒否であることを認めた。

 2016年に障害者差別解消法が施行され、障害を理由にした乗車拒否は「不当な差別」となる。従って、バスの運転手は正当な理由なく障害者を乗車拒否してはならない。どのような理由があってもNGである。

 しかし、実際、路線バスの現場からは、「車椅子の乗車を乗せるための作業はかなりの重労働」「用意をする行為に手間取り時間がかかってしまい、定時運行ができずに文句を言われた」「ワンマンの運転手がやる作業とは思えない」との声も聞こえてくる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年7月25日の社会記事
「バス運転手、車椅子の女性に乗車拒否発言 苦しい言い訳に批判の中、同情的な声も」の みんなの反応 47
  • 匿名さん 通報

    すでにバスが満員だったどうするのだろうか。 車椅子の方を乗せるために何人か降りてもらうの? それもそれでおかしな話じゃない?

    40
  • 匿名さん 通報

    満員のバスに乗れなかったという経験は誰もあるだろう、問題は車椅子の乗客だけを拒否した場合だ。それは明らかに差別行為。

    31
  • 匿名さん 通報

    だったら乗り合わせた他の乗客が協力するか心の余裕を持てばよいのでは? この記事は「障害者はがまんしろ」としか読めない。

    23
  • 匿名さん 通報

    バスを一本見送れ? 一時間や二時間に一本のバスもあるし、そんなことしたら遅刻する場合だってある。 便利な都会にいて、障害者のいない暮らしをしてるからそんなこと言えるんだろうなって思った。

    22
  • 匿名さん 通報

    自分が車椅子に乗っていて、このような対応されたら、悲しいでしょ。

    19
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。