浜崎あゆみどころじゃない? 同性セクハラ、離婚…強烈な暴露本著者の共通点は

浜崎あゆみどころじゃない? 同性セクハラ、離婚…強烈な暴露本著者の共通点は
 歌手の浜崎あゆみが恋愛を含め過去を語った、小松成美による『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)が話題だ。本書では、エイベックスの松浦勝人会長と恋愛関係にあったなど衝撃の事実が記されている。本書は浜崎への取材をもとにしたフィクション、小説と銘打たれているが、実質的な暴露本と言えるだろう。

 芸能人の暴露本は、これまでにも多くの話題作があった。1998年に出版された郷ひろみの『ダディ』(幻冬舎)は発売日に、二谷友里恵との離婚を発表するセンセーショナルな本として知られた。本書を手がけたのは敏腕編集者として知られる見城徹氏であった。本書で離婚を発表するため、広告出稿などにも細心の注意を払ったという。品切れを防ぐために、初版50万部というありえない数字も話題となった。結果、本書は話題となり、100万部を超えるミリオンセラーとなった。

 先月に亡くなったジャニー喜多川さんも、暴露本とは縁深い人物だ。1998年の北公次(故人)の『光GENJIへ・元フォーリーブス北公次の禁断の半生記』(データハウス)、2005年の木山将吾の『SMAPへ:そして、すべてのジャニーズタレントへ』(鹿砦社)などで、ジャニーさんの性的なセクハラが暴露されている。暴露本と言えば、やはりセンセーショナルな話題が記されるのが常なのだろう。

 ただ、浜崎の『M 愛すべき人がいて』は、衝撃度としては薄いものと言えるかもしれない。「なんでいまさら」「おばさんが他に書くことないのかな」といった反応もネットでは聞かれる。同様の反応が出た暴露本と言えば、2012年に発売された

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 浜崎あゆみ Instagram
  2. 浜崎あゆみ a-nation
  3. 浜崎あゆみ ツアー
浜崎あゆみのプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る 2019年8月4日の芸能総合記事
「浜崎あゆみどころじゃない? 同性セクハラ、離婚…強烈な暴露本著者の共通点は」の みんなの反応 1
  • ニャニャー 通報

    他にも毒舌タレントが飽きられているという報道も一部で出ていたのでは?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「浜崎あゆみ + Instagram」のおすすめ記事

「浜崎あゆみ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「浜崎あゆみ + ツアー」のおすすめ記事

「浜崎あゆみ + ツアー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「きゃりーぱみゅぱみゅ」のニュース

次に読みたい関連記事「きゃりーぱみゅぱみゅ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら