「あなたの部屋で人が死んでいる」男性が首吊りで発見、住人は失踪…不可解な事件の真相は【未解決事件ファイル】

「あなたの部屋で人が死んでいる」男性が首吊りで発見、住人は失踪…不可解な事件の真相は【未解決事件ファイル】
拡大する(全1枚)
 2013年6月26日夜、大阪府堺市の市営団地で、当時46歳の男性が首を吊って亡くなっているのが見つかった。ただの自殺のように見える事件だが、実は亡くなった男性は部屋の住人ではない。更に、遺体が発見される数時間前、部屋の住人男性の元に、見知らぬ男性から「あなたの部屋で人が死んでいる」という奇妙な電話が入っていたという。一体、この部屋で何が起きたのか。

 事件の発端は26日、遺体が発見された部屋に住む当時21歳の男性Aさんの元にかかってきた一本の奇妙な電話だという。聞き覚えの無い、見ず知らずの男性からの電話だったそうだ。Aさんは恐怖心を感じたのだろうか、すぐさま母親のEさん家族の元へと電話をかけることにした。Aさんからの電話を受け取ったのは、Eさんの内縁の夫Bさん。ここから話の流れは伝言ゲームのように母親家族の中を伝っていくことになったという。

 Aさんからの電話を受け取ったBさんは、警察に通報はせず、妻であるEさんに相談した。更に、Eさんは自分の娘であるCさんに相談し、Cさんは自分の夫であるDさんに相談した。

 最終的に、話を聞いたDさんが同僚と一緒に、Aさんの部屋に向かうことにした。なお、この時、Aさんの所在は不明だった。

 午後11時ごろ、Dさんと同僚がAさんの部屋のチャイムを鳴らすと、見知らぬ40代ぐらいの男が顔を出した。Dさんが事情を話すと、見知らぬ男は「確かに部屋に死体がある」と部屋に招き入れたという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク