『TWO WEEKS』、黒幕の正体発覚も“予告編”に話題集中! 三浦春馬の「衝撃の姿」に期待高まる

『TWO WEEKS』、黒幕の正体発覚も“予告編”に話題集中! 三浦春馬の「衝撃の姿」に期待高まる
 三浦春馬主演のドラマ『TWO WEEKS』(フジテレビ系、毎週火曜日、夜9:00~放送)の第6話が20日に放送され、視聴率が6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることが報道された。

 本作は、同名韓国ドラマの日本版リメイク作となっている。主人公の結城大地(三浦)が殺人の罪を着させられ、白血病を患う娘・青柳はな(稲垣来泉)を救うべく逃走を図るというストーリーだ。

 第6話では、とある証拠が映っているというデジカメを手に入れた結城が、表向きは実業家で、陰では殺人などの犯罪に手を染めている柴崎要(高嶋政伸)にデジカメを渡すよう脅されるも、検事の月島楓(芳根京子)に救われるという展開に。その後、無事デジカメを取り戻した二人は、デジカメに残された動画を観るが、そこには柴崎と、月島のよき理解者である国会議員の久我早穂子(黒木瞳)が密談している姿が映っていたのだった。

 黒幕が久我であることを知った視聴者からはネットで「予想通り過ぎて萎える。最初から胡散臭かったもん」「自分にとって一番危うい存在だろう対象(芳根京子)を身近に置いて監視する。あるあるだよな」「前回の第5話でも怪しい描写あったし、さすがにあからさますぎる」など、黒幕の正体が意外性に欠けるとの声が挙がっている。

 「久我は月島を娘のように可愛がっているという、いわば“母親”的存在。しかし、その不自然な親密さから、放送当初から『黒幕なのでは?』とささやかれていました。また、サスペンスドラマでは、親しい存在が黒幕というのは、あるあるの展開です。実際、本作と同じ『火曜21時ドラマ枠』の刑事ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)でも、黒幕が主人公と親しい存在という設定でした。第5話では、久我の怪しい言動をわざと強調するというあからさまな描写もあり、視聴者の中には意外性がないとガッカリする人が多かったのでしょう」(ドラマライター)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 黒幕 日本
黒幕のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る 2019年8月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「黒幕 + 日本」のおすすめ記事

「黒幕 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら