「どっちもどっち」の声も 61歳僧侶、後方の車にブレーキの煽り運転で書類送検

「どっちもどっち」の声も 61歳僧侶、後方の車にブレーキの煽り運転で書類送検
拡大する(全1枚)
 大阪府警北堺警察署は22日、煽り運転をしたうえ暴行したとして、61歳の僧侶を書類送検したと発表。仏門に入った男のありえない行動に、呆れるネットユーザーが続出している。

 61歳の僧侶は今年1月20日、堺市北区で自動車を運転していた際、後ろを走っていた軽自動車に対し、約450メートルにわたり急ブレーキを繰り返すなどして、走行を妨害する煽り運転を行う。さらに、信号待ちで停車すると僧侶は車を降り、軽自動車を運転していた36歳の男性に対し胸ぐらを掴んだ。

 警察によると、僧侶は飲食店から自動車で出る際、急に飛び出すような危険運転をしており、危険を感じた男性がパッシング。これに「逆ギレ」した僧侶がブレーキを踏みまくるなどしたのだという。

 亡き者を安らかに成仏させることが仕事の僧侶が、危険運転をしたうえパッシングされたことにキレてしまうとは、呆れの一言で、僧侶としての資質に欠けていたと言わざるを得ないもの。また、当日僧侶は檀家に向かう途中で、僧衣を着用していた。仕事着で煽り運転や「喧嘩」を吹っ掛けるような行動に出ていたことも、驚きを禁じえない。

 僧侶は容疑を認めており、警察の取り調べに対して「急な割り込みをしていないのにパッシングを受け腹が立った、注意してやろうと立て続けにブレーキを踏んだ」「胸ぐらを掴んだのは行き過ぎた行為で申し訳ない」と話している。この様子は、1月に被害者自らがTwitterにドライブレコーダーによって撮影された動画をアップロードしており、僧侶が関西弁で運転者を罵る様子が酷すぎると話題になっていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク