近代オカルトのベースを創った『竹内文書』とは?

近代オカルトのベースを創った『竹内文書』とは?
 『竹内文書』がなければ、近代日本のオカルトシーンはさぞ退屈なものになっていたであろうと筆者は断言したい。別名『磯原文書』とも『天津教文書』 とも言われている同文書は、『カタカムナ文書』『上記(うえつふみ)』『秀真伝(ほつまのつたえ)』『東日流外三郡誌』『富士文献』と同様に、神代文字で記され偽史と認識されている。

 同文書は、武烈天皇の命により平群真鳥が神代文字で記されていた古伝承を再編したものと言われており、平群真鳥の末裔である竹内家に養子に入った竹内巨麿が、1928年(昭和3年)3月29日に文書を公開したのが最初である。この内容は当時日本中で物議を呼び、1930年と1935年の二回に渡り、天津教弾圧事件を引き起こす結果となった。その論争は最高裁判所まで至り、無罪が確定したものの、一部の文献は返却されず、大部分の文献は東京大空襲により焼失してしまった。

 幸い竹内巨麿が残していた写しやメモがあり、証拠押収の際に撮影された写真も残されていたことから、その内容はおおむね復元された。皇祖皇太神宮の神宝「モーゼの十戒石」を含む数千点に及ぶ資料は膨大で、戦後のオカルト界に大きな影響を与えた。

 同文書によると、天皇家は『天神7代』から始まり、『上古25代』『不合朝(あえずちょう)72代』と続き、現在の天皇家は『神倭朝(かむやまと ちょう)』であるという。また、キリストやモーゼなど世界の指導者は一度は来日しており、天皇に仕えたとも記述されている。このあたりは日本中心主義の影響が見て取れる。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2019年8月25日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら