タコスの早食い大会に参加した男性、丸飲みして窒息死「大会を禁止すべき」との指摘も

タコスの早食い大会に参加した男性、丸飲みして窒息死「大会を禁止すべき」との指摘も
拡大する(全1枚)
 どれだけ早く食べ物を食べられるかを競う早食い大会。早食い大会はしばし観客を盛り上げるが、早食いによって命を落とした人がいる。

 アメリカ・カリフォルニア州で開かれた「タコスの早食い大会」に参加した41歳の男性が競技中に死亡したと、海外ニュースサイト『the Guardian』と『ABC30 News』が8月15日に報じた。

 報道によると、男性は8月13日の夜、同州で行われたタコスの早食い大会に参加し、競技が始まってから7分後にテーブルに顔を打って、地面に倒れたという。早食い大会には男性を含め3人が参加していたが、男性は、競技開始直後から他の2人の参加者に比べ、非常に速いスピードでタコスを食べていたそうだ。『the Guardian』によると、競技の様子を見ていた人は「男性はタコスを噛まず、ただ口に押し込んでいた」と話していたという。

 現場には救助隊員が待機しており、倒れた男性を介抱した救急隊員が男性の喉に詰まっていた食べ物を除去しようと試みたが、男性は30分も経たないうちに死亡した。検死の結果、窒息死だと判断された。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「早食いで死ぬことがあるなんて怖い」「いくら早食いをしたからといって、タコスが喉に詰まるなんて男性は想像していなかったはず。気の毒」「早食い大会はよく行われているが、危険だし食べ物の無駄。早食い大会自体を禁止するべき」などの声が挙がっていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク