女性の机を物色、土下座謝罪の富山市議が「自己改革を…」議員続行表明 “甘すぎる”怒りの声殺到

女性の机を物色、土下座謝罪の富山市議が「自己改革を…」議員続行表明 “甘すぎる”怒りの声殺到
 今年7月、富山市議会事務局に不正に立ち入り、女性職員の机を物色したうえ書類などを盗み見ていたことが明るみになった木下章広議員が、市議会議員を続けていく意向を表明。その態度に怒りの声が殺到している。

 木下市議は昨年11月からほぼ毎週事務局に不正に立ち入り、女性職員の机を物色していた。さらに、2017年には女性職員に対し、私的なメールを送り続けていたことも判明。全国から「気持ちが悪い」「議員の資格があるとは思えない」などと批判が殺到する。富山市議会は事案発覚後、糾弾決議案を可決し、議員辞職を促していた。

 この事案は情報番組でも取り上げており、『とくダネ!』(フジテレビ系)では、コメンテーターの中江有里が「複数の女性にメールを送っている。結局誰でも良かったのではないか。聞いていて気分が悪くなった」と露骨に嫌悪感を示す。さらに、MCの小倉智昭も「やってることが気持ち悪い」「どうなさるおつもりですかね、市議会議員の立場を」などと苦言を呈していた。

 事案発覚後、市議会での聞き取りと記者からの質問に答え、動機について、「興味本位だった」「議員になって叱ってくれる人がおらず緩んでしまった」などと説明していた木下議員。その際は頭を付けて土下座するなど、反省したところを見せていた。

 騒動後、一切の公務を欠席した木下議員。これまで進退について明言を避けてきたが、26日になり産経新聞が「自己改革をしながら任期を全うしたい」「初志に戻り市民に開かれた議会の改革を進めて行きたい」と話し、議員を続けていく意向を示していると報道し、物議を醸すことになった。

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2019年8月27日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら