バイト退職日に殺害された16歳女子高生、野犬を利用して証拠隠滅をはかった犯人とは?【未解決事件ファイル】
拡大する(全1枚)
 1997年3月16日、香川県仲多度郡まんのう町(旧琴南町)で、アルバイト帰りの女子高生が何者かに殺害される事件が発生した。女子高生の遺体が発見されたのは、バイト先から30キロも離れた山林の中だった。一体彼女の身に何が起きたのだろうか。

 被害者は、香川県三豊市(旧高瀬町)在住で当時16歳のAさん。3月15日の午後10時過ぎ、バイトを終えた後に行方が分からなくなっていた。バイト先は自宅のある三豊市内のコンビニエンスストア。Aさんは15日を以ってバイトを退職していた。また、Aさんはいつも自転車でバイト先まで通っていたが、この日は小雨が降っていたため、バイト先に行く時は姉に車で送ってもらったという。ちなみに、Aさん宅からバイト先までは自転車で5分程度の距離にある。肌寒い時期だったが、Aさんは薄い綿のTシャツ一枚で、公衆電話をかけるための小銭以外、財布も持っていなかったそうだ。

 Aさんがバイトを終えた午後10時過ぎ、バイト先の同僚が、傘も差さずにバイト先であるコンビニの向かい側にある歩道に立っているAさんを見かけたのが、最後の目撃証言となっている。

 その頃、Aさん宅では父親と姉は既に就寝しており、母親だけは起きていたものの、仕事の書類を作成しているうちに寝入ってしまったという。翌16日の朝5時過ぎ、母親が目が覚ますも、未だにAさんが帰宅していないことに気づいた。慌ててバイト先へ問い合わせると、「15日の夜10時過ぎに退店した」との返事が返ってきたそうだ。