咳が止まらない…「百日咳」が流行中! 急増する大人の罹患に注意、重症化すると恐ろしい症状と予防法は?

咳が止まらない…「百日咳」が流行中! 急増する大人の罹患に注意、重症化すると恐ろしい症状と予防法は?
拡大する(全1枚)
 風邪が治ったのに咳だけがしつこく残ったという経験はないだろうか。一般的に、風邪の場合に咳が最後まで残っても、だいたい10日前後で症状がなくなっていくのが通常だ。しかし、ほかの症状がなくなっているのに咳だけが治らない、咳だけが続いているという場合にはただの風邪ではなく「百日咳」の可能性を考える必要がある。

 国立感染症研究所は、今年の「百日咳」の累計報告患者数が1万110人に達したと8月13日に発表した。百日咳は2018年1月から全ての医師が全患者数を報告することとなっており、正確な報告数が出るのは今年が初。百日咳は、乳児が感染すると死亡する恐れもある重篤な病気だ。8月に入り静岡県では注意喚起されるなど流行し、県民に感染拡大防止に向けた呼び掛けもあった。百日咳は子供の病気というイメージがあるが、患者のおよそ3割が大人である。大人がかかった場合は風邪などと見分けることが難しく、感染が拡大する可能性もあるため、早めの対策が必要となる。

 百日咳の原因は主に百日咳菌で、人から人へと感染が広がっていく。風邪やインフルエンザのように咳やくしゃみ、会話などで飛散する唾液を介して気道に感染する。どの年代でもかかる可能性があり、予防接種の効果が10年程度であることから乳児の頃に予防接種をしていても小学生以上になるとかかりやすくなる。乳児は重症化しやすく、ワクチン未接種の乳児は半分が人工呼吸器が必要となり、死亡例も報告されている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク