“交通事故死”と断定の男子高校生、遺族と警察が裁判で争った“他殺の可能性”とは【未解決事件ファイル】

       
“交通事故死”と断定の男子高校生、遺族と警察が裁判で争った“他殺の可能性”とは【未解決事件ファイル】
 1999年10月25日、北海道中標津町の道路脇で男子高校生が遺体で発見された。遺体の傍にはオートバイがあり、警察は早々に単独事故死であると断定。遺族は警察の断定に猛反発するも覆ることはなく、2006年10月22日に時効が成立した。

 遺体で見つかったのは、中標津町に住む当時16歳のAさん。1999年10月22日の午後5時頃、友人宅で遊んでいたAさんは「別の友人の家に行く」と出発した後、行方が分からなくなっていた。

 同日、夜になっても帰宅しないAさんを心配した家族は、地元警察署に通報。家族は警察、学校関係者と一緒になってAさんの行方を捜索したが、Aさんを見つけることはできなかった。

 事件が動いたのは、Aさんが行方不明になってから3日後の10月25日。Aさんの捜索をしていた一人が、標茶町の道路脇で倒れているAさんを発見した。発見者はすぐさま警察に通報したものの、警察が駆け付けた時にはAさんは既に死亡していた。

 Aさんの身に一体何が起きたのか、真相を明らかにすべく地元警察署による捜査が開始された。しかし、その捜査はあまりにもずさんなものだったようだ。

 Aさんの遺体は病院に運ばれ、医師による死体検案診断を受けた結果、死因は「頸椎骨折による即死」であるとされた。しかし、後に誤診だったことが判明。死因は「頭と胸部の打撲による失血死の可能性が高く、即死ではなく事故後1日から2日生きていた可能性がある」と訂正された。なぜか司法解剖はされていない。
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「死亡事故」のニュース

次に読みたい関連記事「死亡事故」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「交通事故」のニュース

次に読みたい関連記事「交通事故」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月7日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。