『報ステ』では一切報じず批判 番組CPだけでなくスタッフにもセクハラ発覚、若手やバイト狙いか

『報ステ』では一切報じず批判 番組CPだけでなくスタッフにもセクハラ発覚、若手やバイト狙いか
 チーフプロデューサーが女性アナウンサーに対するセクハラで懲戒処分を受けていた事が判明した『報道ステーション』(テレビ朝日系)について、他のスタッフもセクハラ行為をしていたと、『週刊文春』(文藝春秋社)が11日に報道。セクハラに対するモラルの低さと、番組内で謝罪を行わない姿勢に批判が相次いでいる。

 『報道ステーション』については、先日チーフプロデューサーの桐永洋氏が、番組に出演していた森葉子アナウンサーに対し、飲みに誘った上、家のエントランスまで押しかけ、抱きつきキスをするなどしていたことが発覚。

 さらに、同氏は前任の小川彩佳アナウンサー(現フリーアナウンサー)にも誘いをかけていたほか、部下となる女性ディレクターにもセクハラ。その数は10名ほどに上るという。自身の権力を盾にして、女性スタッフを自分のものにしようと暗躍していたことが発覚した同氏は懲戒処分を受け、その職務を解かれた。

 それだけでも眉をひそめたくなるような話だが、さらなるセクハラが発覚。番組デスクでソウル特派員などを歴任した40代のデスクが、マスコミ志望の学生バイトをデートに誘い出していたほか、若手スタッフをラブホテルに誘うなどして厳重注意を受けたのだという。立場を利用し、断りづらい若手やバイトを狙うという、実に悪質なセクハラである。

 『週刊文春』によると、このデスクは現在も『報道ステーション』に携わっているようで、厳重注意で済んでいるのだという。普段、政府や大臣の失言を厳しく批判している同番組だが、自身スタッフによるセクハラは簡単な注意で不問にしてしまうようだ。また、番組内で事態の説明や謝罪を一切しておらず、「都合の悪いニュースを隠している」「身内に甘い」「報道人としての自覚がない」など、ネット上では批判の声が相次いでいる状態だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年9月12日の社会記事
「『報ステ』では一切報じず批判 番組CPだけでなくスタッフにもセクハラ発覚、若手やバイト狙いか」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    CPの次はデスクですか!山口 and CP and デスク、、負の連鎖を生み出す企業体質が内在している。朝日はお触りバー化している。新聞もTVも報道内容は当たり障りの無い無価値マスコミ。

    1
  • 匿名さん 通報

    テレ朝、”女子アナに好きなだけ触れます”と男子学生を採用募集。まだまだ、セクハラやってた人間はいるはずだ。CPの上司にもデスクの部下にも。よいしょ新聞社だから安倍が守ってくれるんだろう。

    1
  • 匿名さん 通報

    NHKもまだ黙ってるよ。マスコミがお互い遠慮していると付和雷同と認めたことになる。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュース

次に読みたい関連記事「痴漢」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュース

次に読みたい関連記事「パワハラ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら