戦後唯一未解決となった5歳男児の誘拐事件、場当たり的な犯人の本当の狙いとは?【未解決事件ファイル】

戦後唯一未解決となった5歳男児の誘拐事件、場当たり的な犯人の本当の狙いとは?【未解決事件ファイル】
 1987年9月14日、群馬県高崎市に住む当時5歳の男の子、Aくんが誘拐される事件が発生した。この日の夜から2日間に渡り、犯人と思われる男から身代金を要求する電話が入ったものの、交渉は決裂し男の子は遺体となって発見される。この事件は戦後の日本で発生した身代金目的の誘拐殺人事件の中で唯一解決していないものだ。

 Aくんが姿を消したのは14日の午後2時30分すぎ。家の目の前にある神社で遊んでいたAくんの姿が見当たらないことに家族が気付く。不安になった家族は町中を駆け回りAくんを探したが、結局見つけることはできず、午後6時30分に地元警察署に捜索願を提出した。

 その直後の午後6時40分ごろ、Aくん宅に一本の電話が入った。「おたくの子供を預かった。2000万円ぐらいなら家にあると子供が言っている。返してほしければ2000万円よこせ、でなければ殺す」。電話を受け取ったAくんの父親によると、電話の主は中年男性らしき声をしていたという。男は続けて「警察には連絡したか」と話し、Aくんの父親が「捜索願を提出した」と返答したところ、男は「すぐに警察へ行って捜索願を取り下げてこい」と言って電話を切ったそうだ。

 家族はこの電話の後、すぐさま警察に通報。捜査班がAくん宅に到着し、逆探知の準備をして犯人からの電話を待った。

 犯人からの2回目の電話が鳴ったのは、それから1時間後の午後7時47分ごろ。内容は1回目の電話と同様に2000万円を要求するものだったが、通話時間が短く逆探知に失敗してしまう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

リアルライブの記事をもっと見る 2019年9月21日の社会記事
「戦後唯一未解決となった5歳男児の誘拐事件、場当たり的な犯人の本当の狙いとは?【未解決事件ファイル】」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    おまわりさん と一緒って言ったのは警察官制服に似た警備員の制服では?犯人は死体遺棄現場から近い県営団地に住んでいた

    3
  • 匿名さん 通報

    《頭狂死体発見》《頭狂サツ人スタイルか》一方《他所の話題で自らの不都合ひた隠す未解決幼児誘拐事件最多頭狂穢土人民腸栓共和国では》《頭狂多摩川》男性死体が発見されていた事がわかった。

    2
  • 匿名さん 通報

    高崎市並榎に住んでいる寺沢って言う男が怪しい 声は聞いた事がないけどね

    1
  • 匿名さん 通報

    仮に警察官が営利誘拐をやったら署長どころか県警本部長の首まで飛ぶ。

    1
  • 匿名さん 通報

    多くの国内未解決事件は、外国籍やカルト教団が関与してると言われてる。韓国、中国、そして宗教。既に犯人特定できてる世田谷事件は、軍隊経験ありの韓国人男性と、有名なカルト教団が関与してると言われてる。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら