連載ラノベ 夢ごこち(41)

 吉原君が「美雪を放せ」って言ってくれた。かっこいい。それに今まで「美雪」って呼んでくれたこと、一度もなかった。うれしい。
 でも、隊長はそれでも動じない。この人も、なんだか、かっこいい。

 吉原君が隊長をにらみつけている。隊長のマントが揺れた。
 「そうはいかないな」
 隊長は冷静だ。この人も強いのかも。

 いきなり隊長に腕をつかまれた。私はそのまま隊長のマントの中に入れられてしまった。けど、隊長は私のことを見ていない。ずっと吉原君をにらみつけている。

 隊長の腕に締め付けられて、私は顔を隊長の脇の下に押しつけられた。どうしよう。男の人の肌に触れたの、初めて。隊長の体、堅い。においもする。鼻の奥まで、隊長の汗が染みこんでくるみたい。けど、なんだか、ずっと嗅いでいたい。

 隊長はもう片方の手で剣を抜いた。吉原君も、剣を構え直した。二人は戦うんだ。私を奪い合うために。

 そのとき、地面に倒れていた野蛮な男が体を起こすのが見えた。吉原君の後ろにいた。野蛮な男は、吉原君へ短刀を投げた。それから、また地面に倒れた。

 「くわ」
 吉原君が片ひざをついた。吉原君の脇腹に短刀が刺さっている。痛そう。

 隊長が笑った。
 「美雪はもらっていくぞ」

 隊長からも「美雪」って呼ばれた。男の人がみんな私のことを「美雪」って言う。そして、私を奪い合う。私、どうしたらよいのだろう。

 吉原君が地面に倒れた。私は隊長にさらわれた。

 ここはどこだろう? 私は寝ているみたい。体が動く。私は縛られていなかった。起きあがってみたら、ベッドの上だった。ベッドの周りが薄いレースのカーテンで覆われている。女王様の寝室みたい。

 カーテンの外は暗くてよく見えなかった。火の粉があがる音がしている。ぼんやりと明るい所は、炎があるんだ。

 ベッドから降りた。私は何も身につけていなかった。誰かに見られたら恥ずかしい。シーツを身にまとった。真っ白なシーツだった。おばあちゃんの家の浴衣の手触り。レースのカーテンを少し開けて、覗いてみた。

(つづく/文・竹内みちまろ/イラスト・ezu.&夜野青)

あわせて読みたい

リアルライブの記事をもっと見る 2011年4月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら