地底湖で姿を消した大学生、事件後に本人のmixiアカウントが書き換えられた理由とは【未解決事件ファイル】
拡大する(全1枚)
 2008年1月5日、岡山県新見市にある地底湖で、当時21歳の高知大学生Aさん(男性)の行方が分からなくなる事件が発生した。水深32メートルを超える国内屈指の湖で一体何が起きたのか。被害者のmixiアカウントが何者かに書き換えられるなど不可解な謎を残したまま、2019年現在も事件は未解決のままである。

 事件が起きたのは、県内屈指の規模を誇る洞窟「日咩坂(ひめさか)鍾乳穴(かなちあな)」。入り口から最深部までの奥行きが1キロ以上にも及び、県の天然記念物に指定されていた。

 同日、中国地方の大学が集まって開かれた合同合宿に参加していたAさんは、午前11時30分ごろに5人のメンバーと共に鍾乳穴に入洞。険しい洞窟の道のりを進み、入洞から約3時間後に問題の地底湖へ到着した。

 一般的に地底湖は洞窟の中に存在し、海との連絡がない水のたまり場のため、流される心配はないとされる。しかし、緊急時の対応に時間がかかるため、入洞届が必要となる場合が多い。実際に鍾乳穴でも入洞届の提出が義務付けられていたが、Aさんのグループは出していなかったという。

 地底湖に到着後、Aさんは調査のために一人で湖に降りていく。Aさんは命綱をつけずに着衣のままの状態だったが、時おりAさんと他のメンバーは声を掛け合いながら岸壁の調査を進めていたそうだ。しかし、突如Aさんからの反応が途絶えてしまう。

 異変を察知した他の4人は全員で洞窟を脱出し、警察へ救助要請を出すことにした。午後6時15分、メンバーの一人から通報を受けた地元警察がすぐに救助活動を開始する。救助活動は県警の他にサークルOBも参加し、夜通しの作業となった。