「文春砲」の過去まで同じ “第二のさっしー”NGT中井りか、DNA継承でブレークなるか

「文春砲」の過去まで同じ “第二のさっしー”NGT中井りか、DNA継承でブレークなるか
拡大する(全1枚)
 “第二のさっしー”との呼び声が高いNGT48・中井りか。所属事務所である太田プロダクションの先輩が、元AKB48、HKT48、STU48(兼任後に解除)の指原莉乃だ。2人には共通点が多いため、コアなアイドルファンは久しくシンパシーを抱いていた。

 指原は大分県、中井は富山県という地方出身者。強度の人見知りで、周囲となじむことが大の苦手。明るくない学生時代に大きな光明となったのが、キラキラ輝くアイドルだった。自分も目指すようになり、10代でその夢を叶えた。指原は東京が拠点のAKB48、中井は新潟県を中心としたご当地アイドルのNGT48。ともに、不動のセンター級の人気と知名度をキープした。

 驚くのは、『週刊文春』の独占スキャンダル、いわゆる“文春砲”の餌食に2人そろってなっている点だ。

 AKBグループの歴史を変え、史上最大のスキャンダルと騒がれたのは、12年に起こった指原の添い寝写真流出。アイドル生命が終わって当然の証言や写真が出そろったが、指原の支持や人気はこれを機にうなぎ登り。卒業した今年までには、恒例の「総選挙」で3連覇、計4回も1位を獲得する前人未到の記録を樹立している。ダウンタウン・松本人志ほか、多くの大物タレントの懐に飛び込む凄腕テクは随一で、ソロタレントとして安住の地位を確保している。

 中井は18年、イケメンファンと熱愛・半同棲状態であることをスッパ抜かれ、時の人になった。皮肉にも、文春効果で中井の知名度が急上昇。今年は、すでに脱退している元NGTメンバーの山口真帆がファン暴行、メンバーとの確執などでワイドショーの常連になった。いじめたメンバーとして、共犯として中井の名も噂されたが、芸能生命を脅かすに至らなかった。

当時の記事を読む

高倉萌香のプロフィールを見る
リアルライブの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高倉萌香」に関する記事

「高倉萌香」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高倉萌香」の記事

次に読みたい「高倉萌香」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク