『シャーロック』岩田剛典演じるワトソン“いてもいなくても一緒”から好転してきたワケ

『シャーロック』岩田剛典演じるワトソン“いてもいなくても一緒”から好転してきたワケ
 月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)の第7話が18日に放送され、平均視聴率が9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことを各社が報じている。第6話の8.3%からは1.6ポイントのアップとなった。

 第7話は、獅子雄(ディーン・フジオカ)と宮(岩田剛典)の元に羽佐間虎夫(山城琉飛)という少年がやって来て、行方不明になった祖父・寅二郎(伊武雅刀)を探してほしいと依頼する。最初は若宮に任せて自分は奥に隠れていた獅子雄だが、虎夫の並外れた洞察力を知ると、「若宮より賢そう」と、話に乗り――というストーリーになっていた。

 これまで、ディーンが演じるシャーロック役については「はまり役」「本物の天才に思えてきた」などと絶賛が集まっていたが、ここに来て、ワトソンの役割をしている若宮を演じる岩田にも注目が集まっているという。

 「実は、常にイライラし、獅子雄に怒っているような若宮に対し、以前から一部視聴者の間で『ワトソンはジェントルマンなのになんかイメージと違う』『ワトソンなのにいてもいなくても変わらないってどうなの?』という冷たい声が聞かれていました。演じる岩田についても、特に演技力が突出しているわけでもないため、回を重ねるにつれ、演技の粗を指摘する声も。せっかくのバディ役にも関わらず、岩田にとってはもどかしい状況が続いていました」(芸能ライター)

 しかし、ここに来て風向きが変わってきたという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岩田剛典 CM
  2. 岩田剛典 Instagram
  3. 岩田剛典 ダンス
リアルライブの記事をもっと見る 2019年11月19日の芸能総合記事
「『シャーロック』岩田剛典演じるワトソン“いてもいなくても一緒”から好転してきたワケ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    それより金子ノブアキのときみたいに沢尻エリカ関係を起用しないで欲しい。見たくない。岩田剛典はノリがいいチャラ男だから演技がうまいと片付けられない。倫理上の問題かな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岩田剛典 + Instagram」のおすすめ記事

「岩田剛典 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「岩田剛典 + 映画」のおすすめ記事

「岩田剛典 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「橋本愛」のニュース

次に読みたい関連記事「橋本愛」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。